『ONE PIECE』ヤマトの“男湯”入浴描写が物議! ついに反ポリコレ漫画から脱却?

『ONE PIECE』ヤマトの“男湯”入浴描写が物議! ついに反ポリコレ漫画から脱却?

『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)

欧米を中心として、表現の世界を変えつつある「ポリティカル・コレクトネス」の風潮。日本が世界に誇る大人気漫画『ONE PIECE』もその波に乗りつつあるようで、最新話で“LGBT配慮”のシーンが描かれた。作者・尾田栄一郎にどのような心境の変化があったのだろうか…。

トランスジェンダーに配慮した入浴シーン

話題となっているのは、6月13日発売の『週刊少年ジャンプ』28号に掲載された第1052話。「麦わらの一味」をはじめとする主要人物たちが入浴する場面が描かれたのだが、そこで驚きのシーンが。女性の体をもつヤマトが、男性キャラに紛れて男湯に入っていたのだ。

ヤマトは光月おでんに憧れるあまり、自身をおでんと同一視している人物。当初はカイドウから「息子」と呼ばれていたが、その後、女性キャラであったことが判明した。しかし性自認は男性なのか、胸元を隠す素振りもなく、平然と男湯を満喫している。

さらにその一方で、「赤鞘九人男」の1人である“お菊”こと菊の丞は、女湯に入っていた。菊の丞は、からだの性が男性なのだが、第948話において「心は女です」というセリフが。こちらもトランスジェンダーのキャラクターなのだろう。

ヤマトも菊の丞も“こころの性”によって入浴場所を決めており、かなり先進的なシーンだと言える。ネット上では、《この描写をワンピースで入れたことはスゴいと思う》《LGBTへの配慮かな。何だかイマドキ》《今の時代に刺さるメッセージを感じた》《尾田先生なりのトランスジェンダーの尊重というか表現の仕方がとても素晴らしい》と評価されていた。

とはいえ「ONE PIECE」はもともと先進的だったわけではなく、かつては時代錯誤な“反ポリコレ”的な描写によって批判を浴びていた。とくに物議を醸していたのが、ボン・クレーや「カマバッカ王国」にまつわる描写だろう…。