“アバン外伝”アニメ化への布石!?『ダイの大冒険』82話のアニオリ展開が激アツ

“アバン外伝”アニメ化への布石!?『ダイの大冒険』82話のアニオリ展開が激アツ

『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 新装彩録版』25巻(漫画:稲田浩司、原作:三条陸、監修:堀井雄二/集英社)

人気アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(テレビ東京系)の第82話『正義の後継者』が、6月18日に放送された。その中で描かれたアニオリシーンが、“アバン外伝”アニメ化の布石なのではないか…とファンが盛り上がっているようだ。

※アニメ『ダイの大冒険』最新話の内容に触れています

死神・キルバーンによってアバンが異空間へと引きずり込まれ、動揺するダイたち。彼らを落ち着かせたのは、アバンのフェザーを受け継ぎ、新たな“使徒”となったレオナ姫だった。

実はレオナ姫は、2人で罠の探索に出た際、若き日のアバンが魔王・ハドラーを倒した時の話を聞いていた。過去に旅を共にした仲間たちは、勇者であるアバンを無傷で魔王と戦わせるため、あえて捨て石になったという──。

今回、視聴者の注目を集めたのは、若き日のアバンの仲間たちが描かれた回想シーン。戦士・ロカ、僧侶・レイラ、そして魔法使い・マトリフの往年の姿という貴重な絵に、ファンからは喜びの声が上がっていた。

実はこの回想シーンは、原作とアニメで大きな違いがある。原作では1枚絵で彼らの顔が描かれるだけだったのだが、アニメでは3人のセリフが追加されているのだ。

ロカの「構わず先にいけアバン!」という熱い信頼感をうかがわせる言葉や、マトリフの「とっとと魔王のところへ行きやがれ!」というぶっきらぼうなセリフなど、いずれも原作理解度の高い改変となっていた。

アバンの扱いが“主役級”になったワケ

そしてそんな改変から、アバンを“主役”にしようとする制作陣の意向を嗅ぎ取る人も。現在、『Vジャンプ』誌上で若き日のアバンの戦いを描いた外伝漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王』が連載中。ロカたちに声が付いたこともあり、来たるべきアニメ化のフラグだという説も囁かれている。

ネット上のファンたちは、《ねぇ…これ『勇者アバンと獄炎の魔王』のアニメ化フラグじゃないの!?》《これアバンの漫画もアニメ化するやつやな》《勇者アバンと獄炎の魔王のアニメ化あるんじゃないかな?》と興奮を抑えきれないようだ。

ちなみに僧侶・レイラの声優は、マァム役である小松未可子が担当。6月18日に配信されたYouTubeの公式振り返り番組「ダイ好きTV」では、小松が回想シーンの演技について言及し、「今連載されている『勇者アバンと獄炎の魔王』の方のレイラをイメージしてほしい」と指示を受けたことを明かしていた。実際にスピンオフがアニメ化された暁には、アニメ「ダイの大冒険」とリンクした内容になるのかもしれない。

「ダイの大冒険」ファンが熱望する『勇者アバン』のアニメ化は、はたして実現するのだろうか。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 新装彩録版』25巻(漫画:稲田浩司、原作:三条陸、監修:堀井雄二/集英社)

◆過去のアニメ「ダイの大冒険」レビューはこちら

【あわせて読みたい】