ジャンプ作家がタブー破り!?“連載掛け持ち”疑惑浮上で大ピンチに…?

ジャンプ作家がタブー破り!?“連載掛け持ち”疑惑浮上で大ピンチに…?

ジャンプ作家がタブー破り!?“連載掛け持ち”疑惑浮上で大ピンチに…? (C)PIXTA

今年6月に『週刊少年ジャンプ』で始まった新連載『ALIENS AREA』の雲行きが、やや怪しくなってきたとのウワサが。掲載順の低迷によって、ファンからは打ち切りを心配する声が上がっているのだが、なぜ不調が続いているのだろうか。

ドベ一歩手前の大ピンチ

8月1日に発売された「ジャンプ」35号の掲載順は、下から『ドロンドロロン』『地球の子』の定番作品が並んでいる。この2作は何週も最下位争いを続けている作品だが、ワースト3として「ALIENS AREA」が食い込んでしまったのだ。

前号でも読み切りを除けば18作中12位と、決して良い位置ではなかった同作。新連載はスタートしてから約2カ月間、掲載順が補正されると言われているが、それがなくなってアンケート結果が反映されたことで、巻末付近に近づいたのかもしれない。

「ドロンドロロン」と「地球の子」を除けば実質ドベという現実に、ファンたちも危機感を抱いた模様。ネット上では《エイリアンズエリア面白いのに掲載順が低すぎて怖い》《作品の雰囲気とセリフ回しがめっちゃ好きなんや…打ち切りはやめてくれぇぇ》《ジャンプでTOP5に入るくらいおもろいんやけどな 掲載順低いな…》と不安を吐露する声が上がっている。

真偽は不明…“掛け持ち”のウワサ

掲載順の話とは別に、読者からは作画の荒れ具合も心配されているようだ。もともと1話から骨太な絵ではあったが、回を重ねるごとに線が乱れ気味に。第9話では背景も簡素になり、トーンの貼り方も荒々しく見える。

週刊連載はただでさえ過酷スケジュールなので、絵が荒れるのは仕方がないだろう。だが読者の間では、もう1つ別の理由がウワサされている。連載の掛け持ち疑惑だ。

実は、月刊誌『ヤングキングアワーズ』で連載中の『朱色の仮面』という作品が、「ALIENS AREA」の絵柄とそっくりとのこと。同作の作画担当は那波なばなという人物だが、「ALIENS AREA」の作者・那波歩才と名前も似ているため、同一人物疑惑が浮上しているのだ。

ただ、昔から「ジャンプ」は基本的には他誌との掛け持ち連載を良しとしていない雑誌。「ALIENS AREA」もページの柱には「那波歩才先生の漫画が読めるのは週刊少年ジャンプだけ!!」と書かれているため、他人の空似なのかもしれない。

疑惑の真偽はともかくとして、読者離れが進んでしまう前に、クオリティーを立て直してほしいところだ。

文=野木

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】