『物語シリーズ』西尾維新の時代は終わった? なろう系に媚びなかった天才作家

『物語シリーズ』西尾維新の時代は終わった? なろう系に媚びなかった天才作家

『物語シリーズ』西尾維新の時代は終わった? なろう系に媚びなかった天才作家 (C)PIXTA

西尾維新といえば、2000年代から10年以上にわたって熱狂的な人気を博した小説家。アニメやドラマなどで数多くのヒット作を生み、“天才”として祭り上げられていた。しかしある時期から急速に、その存在感が失われていったとも言われている。

“化物”のように人気作を量産

西尾は2002年に、弱冠20歳の小説家としてデビュー。処女作の『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』は新本格ミステリ界隈で生み出されたが、ポップな内容からライトノベルファンなども虜にした。

その後はよく知られている通り、『化物語』から始まる『物語シリーズ』がTVアニメ化され、一世を風靡するほどのメガヒットに。ほかにも『週刊少年ジャンプ』で原作を務めた漫画『めだかボックス』が人気連載になったり、『掟上今日子の備忘録』が新垣結衣主演のドラマになったりと、話題は尽きない。

アニメ・漫画界隈の小説家としてはこれ以上ない、モンスター級のヒットメーカーだったが、その勢いが続いたのは2010年代の後半まで。近年では過去作の続編こそ好調だが、新たなヒット作はほとんど生まれていない印象だ。

一体なぜ、西尾の存在感が薄れつつあるのだろうか。

オタク界隈の流行が変わった?

失速したとよく言われるのが、『忘却探偵シリーズ』以降の作品。2015年からは『美少年探偵団』を筆頭とした『美少年シリーズ』が始まったが、いささか盛り上がりに欠けていた。他の作品として、既存シリーズの続編やスピンオフなども手掛けているが、大ヒットにはつながっていない。

そうした状況について、別の角度から説明することもできるだろう。そもそも今のライトノベル界隈や小説のメディアミックスでは、異世界転生やなろう系が絶大な影響力を誇っている。そのため、西尾が得意とする作風が求められていない…という可能性だ。

西尾は当初「セカイ系」と呼ばれるジャンルに近いところから出発したが、能力バトルや学園モノなどを手掛けるようになり、時代の流行と合致した作品を生んできた。ライトノベル業界でいえば、電撃文庫が覇権だった時代とも重なるが、そうした想像力が今のトレンドに即していないのではないだろうか。

今後、西尾がなろう系の読者層に受けるような作品を書けば、時代に新たな革命が起きるかもしれない…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】