花澤香菜、鬼頭明里が登場も…『CrosSing』に疑問「FIRST TAKEの二番煎じ」

花澤香菜、鬼頭明里が登場も…『CrosSing』に疑問「FIRST TAKEの二番煎じ」

花澤香菜、鬼頭明里が登場も…『CrosSing』に疑問「FIRST TAKEの二番煎じ」 (C)PIXTA

声優やアニソン歌手などのカバーソングを発信するプロジェクト『CrosSing -Music&Voice-』が、いろいろな意味で話題に。YouTubeの公式チャンネルでは続々と動画が公開されているのだが、《THE FIRST TAKEの二番煎じ》と捉える人も少なくないようだ。

オタク向けの音楽チャンネル

「CrosSing」は今年3月から始動したプロジェクトで、花澤香菜や鬼頭明里、内田真礼といった人気声優たちが参加。また、アニソン系アーティスト「fhána」のボーカル・towanaや、VTuberの渋谷ハルなど、オタク界隈の人気者たちが多数参戦しており、それぞれが「思い出の曲」を歌唱している。

そんな「CrosSing」で公開された動画は“一発撮り風”の演出となっており、たとえば花澤は1本のマイクが用意されたスタジオで『君の知らない物語』を歌唱。また『鬼滅の刃』などで人気を博した鬼頭も、同じような環境でYOASOBIの人気楽曲『怪物』を歌っていた。

ただ、アーティストが一発撮り風の動画で歌唱するコンテンツといえば、やはり『THE FIRST TAKE』が有名。こちらは登録者数650万人超のバケモノチャンネルで、『DISH//』北村匠海の『猫』や『YOASOBI』の『夜に駆ける』など、1億再生を超える大ヒット動画も生まれている。

「CrosSing」は、その“オタクバージョン”を作ろうという狙いがあったのかもしれない。歌唱中のアーティストを捉え続けるカメラなども本家へのオマージュを感じる作りで、SNSなどでも《アニソン版のTHE FIRST TAKEって感じの映像》と話題を呼んでいた。

現状はただのカラオケ動画?

しかしあまりに似ているためか、本家「THE FIRST TAKE」とのクオリティーの差が指摘されてしまうことに。「THE FIRST TAKE」といえば、生歌っぽいアーティストのナチュラルな歌声も魅力の1つだが、「CrosSing」の方はまるでCD音源のような加工やコーラスが。

そのため“一発撮り風の映像とCD音源を合わせただけ”のような動画となっており、《THE FIRST TAKEの二番煎じを狙ってるんだろうけど、リップシンクの時点で根幹がずれてて劣化パクリ》《企画も撮り方も二番煎じ感丸出しだしだからカバーという名のカラオケ動画にしかなってない》《別撮りした歌にレコーディングスタジオで映像用に撮り直した映像だからなんか違和感》といった厳しい声が寄せられている。

そもそも「CrosSing」は一発撮り企画ではないのだが、本家を見慣れた人ほど違和感を抱いてしまうようだ。また、基本的にアーティストのオリジナルソングではなく「歌ってみた動画」なのも残念感を加速させている。

ただ、クオリティーはともかく、オタクコンテンツにスポットを当てた音楽プロジェクトの需要自体は高い。たとえば『化物語』シリーズを象徴する「君の知らない物語」を、千石撫子役として出演してきた花澤が歌ったことは、アニメファンにとって特別な意味を持つだろう。

どうせならもっと別路線であることを強調した方が、パクリなどと言いがかりをつけられずに済んでよかったかもしれない。“オタク版THE FIRST TAKE”の成功を祈りたいところだ。

文=大上賢一

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】