2022年上半期のアニメは炎上ばかり?『進撃の巨人』『ポケモン』のビッグタイトルも…

2022年上半期のアニメは炎上ばかり?『進撃の巨人』『ポケモン』のビッグタイトルも…

2022年上半期のアニメは炎上ばかり?『進撃の巨人』『ポケモン』のビッグタイトルも… (C)PIXTA

アニメ『SPY×FAMILY』の大ヒットをはじめとして、2022年上半期もアニメ業界は大いに盛り上がりを見せていた。しかしつねに歓声が巻き起こるわけでもなく、少なくない数のバッシングや炎上騒動もあったようだ。どんな事件が起きたのか、振り返っていこう。

長寿アニメシリーズが軒並み炎上?

■アニメ『ポケットモンスター』のお粗末展開
今年で25周年を迎えたアニメ『ポケットモンスター』(テレビ東京系)では、神展開からの大炎上というジェットコースターのような現象が起きていた。

5月6日の放送回では、主人公のサトシがポケモンバトル最強を決める「ポケモンワールドチャンピオンシップス」の決勝大会「マスターズトーナメント」への参加資格をゲット。今までパッとしない成績だったサトシが世界8強入りを果たす。さらに過去作たちのライバルたちも集結し、頂上決戦が展開されるということで、ファンたちは大興奮していた。

しかし激熱な展開が続く中、6月17日放送の「マスターズトーナメント」にて事件が。人気ライバルキャラのアランと、ガラル地方のチャンピオン・ダンデの戦いが展開されたのだが、そこでアランが“モブキャラ”のようにあっさりと敗れてしまう。

しかも切り札・リザードンも適当な展開で倒され、《いくらなんでも噛ませ犬すぎるだろ》《アランの扱い酷すぎ》と批判が殺到してしまったのだ。

■令和のルパン“女殴り”で大炎上
長年愛されているアニメシリーズの最新作『ルパン三世 PART6』(日本テレビ系)も、賛否両論に見舞われた。それは主人公・ルパンの行動がきっかけだった。

3月26日に放送された最終回・第24話『悪党が愛すもの』でのこと。ルパンは国際指名手配犯・マティアという女性キャラと戦ったが、華麗な武術を駆使して彼女を追い詰めていく。しかも一切容赦などせず、顔や腹などをボコボコに殴る始末。ダメージを受けたマティアがうめき声を漏らすほど、生々しさがあった。

実は原作ではそうとも限らないのだが、ルパンは峰不二子をはじめとした女性に紳士的な対応を取るイメージが強い。そんな彼が解釈違いな暴力を繰り出したことで、ネット上では《なんか嫌だったな…》《ルパンは嘘もつくし人も平気で殺すけど、女の子をぶん殴ったりはしないぞ》《理由は何であれ、ルパンは女には手を上げないやろ》と落胆の声が上がってしまった。