『にじさんじ甲子園』同接32万人達成!『ホロライブ』が箱企画で敗北する理由とは?

『にじさんじ甲子園』同接32万人達成!『ホロライブ』が箱企画で敗北する理由とは?

『にじさんじ甲子園』同接32万人達成!『ホロライブ』が箱企画で敗北する理由とは? (C)PIXTA

人気VTuberグループ『にじさんじ』による箱企画『にじさんじ甲子園2022』が、今年も大盛り上がり。史上まれにみるほどの同時接続者数を叩き出し、大きな話題を呼んでいる。なぜ「にじさんじ」の大型企画は、これほどまでに需要があるのだろうか。

VTuber史に残るほどの大ヒット企画へ

「にじさんじ甲子園」とは、人気野球ゲーム『パワプロ』シリーズを使った企画。数名のVTuberが監督となり、『栄冠ナイン』モードで作成したチームを競わせるものだ。チームメンバーはどれも所属VTuberの名前が使われており、総勢150名を超える大所帯ならではの箱企画だと言える。

同企画は2020年から毎年行われており、そのたびに同接20万前後を叩き出すほどの人気を誇っている。しかし今年の「にじさんじ甲子園2022」はとりわけ白熱したようで、8月14日に行われた決勝の本配信は、約32万人という数字に到達した。

この数字はYouTubeにおいてあまり見ることのないレベルで、当然同日の同接ランキングでも1位を獲得。一説によると、VTuberの歴代同接ランキングでも2位に食い込むほどだという。

まさしく“伝説”となった箱企画に、ネット上では《にじ甲決勝の同接32万とかとんでもないな!》《同接32万いってたのか…誇らしい》《にじさんじ甲子園は毎年成長し続ける化け物コンテンツだな》といった声が上がっていた。

『ホロライブ』の数字と比較する人も

あらためて気になるのは、VTuberグループ『ホロライブ』との方向性の違い。「ホロライブ」の方が1人ひとりのチャンネル登録者は圧倒的に多く、通常配信の同接も上回っている印象。しかしなぜかグループが一丸となった箱企画に関しては、「にじさんじ」に一歩及ばない。

過去を振り返ってみると、桐生ココの引退配信は同接約49万人で歴代1位の記録を残してはいる。しかしいろいろな意味でイレギュラーだったこの配信を除けば、大きな数字は出ていない。不思議と同接20万人ほどが“天井”となり、それ以下の配信が多く生まれているのだ。

そんな状況について、VTuberファンからは《箱推しの総数自体はにじさんじに負けてる》《ホロライブは箱企画やったらギスる》といった推測も。しかし実際には、「にじさんじ」の箱企画が強い理由は、単純に“所属VTuberが多いから”ということに尽きるのかもしれない。

なにせ「にじさんじ」の人数は、「ホロライブ」に比べて倍以上多い。普段は視聴者が分散するが、箱企画になると各VTuberのファンが集結するため、数字が伸びやすいのではないだろうか。

それぞれグループの強みを活かすべきだとは思うが、今後「ホロライブ」が見えない天井を突破できるかどうかも気になるところだ。

文=大上賢一

【画像】

StudioRomantic / PIXTA

【あわせて読みたい】