『デレマス』10周年記念アニメに“声なしアイドルP”ブチギレ!? 残酷すぎる格差が露呈

『デレマス』10周年記念アニメに“声なしアイドルP”ブチギレ!? 残酷すぎる格差が露呈

『デレマス』10周年記念アニメに“声なしアイドルP”ブチギレ!? 残酷すぎる格差が露呈 (C)PIXTA

8月28日、『アイドルマスター シンデレラガールズ』(デレマス)の10周年記念アニメが公開されたのだが、一部ファンの間で荒れてしまう事態に。同コンテンツが初期から抱える“ボイスなしアイドル問題”が、ここにきて噴出してしまった形だ。

「デレマス」のキャラとボイス問題

「デレマス」とキャラクターボイスの問題は、かなり根が深い。そもそも2011年に『Mobage』でサービスを開始した同ゲームは、ソーシャルゲーム黎明期の時代だったこともあり、システム上“キャラクターボイス”が存在しなかった。

2012年、TVCMにて渋谷凛が「あんたがプロデューサー?」と喋ったのが、「デレマス」アイドルの第一声。そして同年11月にやっとゲーム内でもボイスが追加されたが、『シンデレラガール選抜総選挙』で上位にランクインした人気アイドルから、順次ボイスが実装されていくことになる。

こうした経緯もあり、同作のアイドルたちは人気を集めるために頑張り、声を獲得していく…という“ストーリー”が成立。担当(推し)のアイドルに声が付くか付かないかで、ファンたちは一喜一憂していた。

しかし「デレマス」サービス開始から10年以上経った今となっては、モバイルゲームであってもボイスが付いているのが当たり前。そんな現代において「デレマス」に残されたのは、ボイス実装キャラと未実装キャラを隔てる“格差”だけだ。

そして今回公開された10周年記念アニメでは、あらためてその格差が浮き彫りに。ボイス未実装キャラがまるでモブキャラのような扱いだったため、《声なしPの悲しみはどうしたらええんや》《声なしアイドルは10周年を経ても尚声なしのまま終わるという現実がしんどすぎてもう活力にならねえ》《モバマス10周年アニメで声なしがそのまま声なしのまま終わったのか》といった声が上がっている。