『ONE PIECE』懸賞金システム崩壊!? ミホークが“海賊王に最も近い男”なのか…

『ONE PIECE』懸賞金システム崩壊!? ミホークが“海賊王に最も近い男”なのか…

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

『ONE PIECE』において「海賊王」といえば、その世界の頂点とも言える存在。さまざまな海賊たちがその座を競い合っているが、8月29日に発売された『週刊少年ジャンプ』39号では、“あの男”が最有力候補として名を上げたようだ。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

第1058話『新皇帝』では、ミホーク、バギー、クロコダイルによる新会社「クロスギルド」へスポットが当てられることに。会社が設立された経緯の他、3人の新たな懸賞金額も明らかとなった。

その額はクロコダイルが19億6,500万ベリー、バギーは31億8,900万ベリー、そして“世界最強の剣士”ミホークが35億9,000万ベリーでトップとなっている。ただし、ミホークはとくに海賊団を率いておらず、単独で行動することが多い人物。つまりは本人の純粋な戦闘能力だけで、四皇などの一大戦力に匹敵するほどの額をつけられた…ということだ。

ちなみにミホークの懸賞金は、カイドウを倒して新四皇となったルフィの30億ベリーをも凌駕している。これまで明かされた賞金額だと、ゴール・D・ロジャーの55億6,480万ベリー、“白ひげ”エドワード・ニューゲートの50億4,600万ベリー、カイドウの46億1,110万ベリー、“ビッグ・マム”ことシャーロット・リンリンの43億8,800万ベリー、シャンクスの40億4,890万ベリーに次ぐ6番手。現役だと、カイドウとビッグ・マムが退場しているとすれば、シャンクスに次ぐ2番手だ。

さらに海軍本部は、ミホークについて「『四皇』赤髪に勝る剣技」と評価している模様。シャンクスを上回るほどの力ということは、戦闘能力だけでいうと、もはや作中トップクラスだろう。

こうしたミホークの扱いに対して、ファンたちは《もはや四皇より強いの確定じゃん》《とくに事件起こしてないのに強さだけで四皇以上になった男》《やっぱりミホークの額は異常だな…現四皇の内3人を上回る額ってどういうこと》と大興奮しているようだ。

しかしミホークが凄いのは、戦闘能力だけではない。彼は「東の海編」にて、首領クリークを追って、グランドラインから東の海まで小舟で航海。その理由は「暇つぶし」だと語っており、自由すぎる生き様を見せつけていた。