ベガパンクの正体はバ美肉おじさん!?『ONE PIECE』がさらにオタク特効の漫画に

ベガパンクの正体はバ美肉おじさん!?『ONE PIECE』がさらにオタク特効の漫画に

『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

『ONE PIECE』において、大きな存在感を放っていた謎の人物「Dr.ベガパンク」。9月26日発売の『週刊少年ジャンプ』43号に掲載された第1061話『未来島エッグヘッド』では、そんな超重要人物の正体に切り込む展開となり、ネット上を騒然とさせている。

※『ワンピース』最新話の内容に触れています

海で渦に飲み込まれそうになっていたジュエリー・ボニーを、「麦わらの一味」が救出。だが海中から現れた巨大ザメ型のロボットに、サニー号を転覆させられてしまう。

そして巨大ザメは、船から飛び出していたルフィたちを標的に。ジンベエのファインプレーにより、その爆撃を何とか潜り抜け、ボニーと共に近くの島に打ち上げられる。

最終的に巨大ザメは海中から現れた巨大ロボが成敗するものの、一難去ってまた一難。ロボットから出てきたのは、政府から雇われた天才科学者・ベガパンクだった。

ここで気になるのが、ベガパンクの性別。かつてコビーはルフィに対して、ベガパンクを「彼」と呼称していた。また、バーソロミュー・くまも「世界最大の頭脳を持つ男」と呼んだことがあり、「ベガパンクのおっさん」呼ばわりされるシーンも。

そうした描写から、誰もがベガパンクを中年以上の男性と想像していたのだが、今回登場したベガパンクは、“萌えキャラ”めいた若い女性の姿だったのだ。明らかに矛盾を抱えている描写だが、ファンの間では1つの憶測が有力となっている。

尾田栄一郎の“癖”が爆発

ベガパンクの胸には、「PUNK02」という意味深な文字列が記されていた。そして前提として、ベガパンク“本人”が年を重ねた男性であることから、今回登場した女性はクローン、もしくは操り人形のロボットではないかと推測されている。

だとすると、ベガパンクは新たな萌えキャラどころか、“中身がおっさんの美少女”という業の深い存在ということになるだろう。

ネット上では、その設定を最近流行りのバーチャル美少女受肉、いわゆる“バ美肉”だと捉える人が続出。厳密にはバーチャルではなく、リアル美少女受肉ではあるが、《ベガパンクはバ美肉おじさんだったのか…どんどん新しい要素を取り込んでいく尾田先生スゲーな…》《【朗報】新境地に達しすぎた尾田先生、遂にバ美肉要素をぶち込んでくる》《尾田栄一郎の性癖網羅力…》《バ美肉の流れまで取り込んでくとは世界一の漫画家尾田栄一郎》《ここ数年の尾田先生の女子キャラ濃すぎないか?》と感服する声が相次いでいる。

最近の尾田栄一郎は、センスあふれる萌えキャラを大量投入していることでお馴染み。直前に終わった「ワノ国編」でも、自身を“伝説の侍”と思い込んだ豊満娘のヤマトや、ありんす言葉で話す姉キャラにして“地雷系”のうるティなどを続々と登場させていた。

かつて、「ONE PIECE」はオタクたちが毛嫌いしていた側面もあったが、萌えキャラ効果で人気が爆増中。時代の最先端をいく「バ美肉おじさん」というマニアックな癖にまで到達したことで、より人気が加速するかもしれない。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去の「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】