アニメ『異世界迷宮』で若手声優たちがベッドシーン堕ち! 三上枝織に続いてナナチ声優も…

アニメ『異世界迷宮』で若手声優たちがベッドシーン堕ち! 三上枝織に続いてナナチ声優も…

アニメ『異世界迷宮』で若手声優たちがベッドシーン堕ち! 三上枝織に続いてナナチ声優も… (C)PIXTA

いろいろな意味で注目された、2022年夏クールアニメ『異世界迷宮でハーレムを』(TOKYO MXほか)が、放送を中止することなく最後まで駆け抜けた。そんな同アニメを振り返り、出演声優の頑張りを称える声が数多く上がっている。

みかしー濡れ場演技の衝撃

Web小説界隈では「奴隷ハーレムもの」というジャンルが一定の支持を集めているが、「異世界迷宮でハーレムを」はそのパイオニアとも言える作品。テーマがテーマだけに全年齢向けのアニメ化は不可能と思われていたが、平然と地上波での放送が始まり、アニメファンを騒然とさせた。

とくに人々を驚かせたのは、成人向けアニメさながらの“直接的なベッドシーン”をしっかり描いていた点。そしてもう1つは、そんな濡れ場を裏名義でもない有名声優が演じていたことだ。

たとえば第4話では主人公の道夫が初めての奴隷としてロクサーヌを買い、そのままベッドシーンに突入。ロクサーヌは“みかしー”こと三上枝織が演じているが、かなりきわどい演技だったため、《三上枝織がこんな役をやるとは》《親を人質に取られたん?》といった声が上がっていた。

ナナチ役・井澤詩織のベッドシーンも!?

そして「異世界迷宮でハーレムを」の最終話では、さらなる衝撃シーンが。『メイドインアビス』のナナチ役などでお馴染み、井澤詩織が演じるベッドシーンが登場したのだ。

これには声優ファンたちも、《まさか井澤詩織のセクシーボイス聴けるとは思わんかった…》《井澤詩織…頑張ったなぁ》《セリー役の井澤詩織も本番演技OKなのか》《三上枝織と井澤詩織のアレな声を聞ける素晴らしい番組だったな!》《実質ナナチのサービスシーンなのでは?》と興奮を隠せなかったようだ。

さらにラストでは、黒木ほの香、本泉莉奈、井澤美香子が演じる、今後の展開で登場するアニメ未登場キャラクターの濡れ場も。エンディングと共にダイジェストとして描かれただけだったが、もしシーズン2があれば、彼女たちの濃厚なシーンを期待できるかもしれない。

声優業界では、名義を表・裏でわける謎のしきたりがある一方で、「表名義の声優は過度に性的な演技をしない」といった風潮も。「異世界迷宮でハーレムを」は、そんな固定観念を破壊してくれた画期的な作品と言えるだろう。

文=大上賢一

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】