ジャンプアニメブーム終焉間近!?『マッシュル』『アンデラ』『ロボコ』以降の弾は…

ジャンプアニメブーム終焉間近!?『マッシュル』『アンデラ』『ロボコ』以降の弾は…

ジャンプアニメブーム終焉間近!?『マッシュル』『アンデラ』『ロボコ』以降の弾は… (C)PIXTA

『鬼滅の刃』によって火がついた、『週刊少年ジャンプ』作品のアニメ化ブーム。さまざまなアニメが立て続けに放送されては、社会現象を起こすほどのヒットを飛ばしてきた。しかし、その“弾”は無尽蔵ではないため、先行きが不安視されているようだ。

一向に育たない本誌の中堅層

ここ最近の「ジャンプ」アニメブームを振り返ってみると、2019年に『鬼滅の刃』、2020年に『呪術廻戦』が大ヒット。劇場版はともに興行収入100億円の大台を突破している。とくに『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が日本の歴代興行収入第1位を塗り替えたことは、大きなニュースとなった。

そして8月6日から公開されている『ONE PIECE FILM RED』は、劇場版「ONE PIECE」で歴代最高の興行収入を記録。その一方で社会現象クラスとはいかないまでも、『Dr.STONE』に『約束のネバーランド』、『僕のヒーローアカデミア』などのアニメも続々放送されている。

また今後の予定も充実しており、10月からは藤本タツキ原作のアニメ『チェンソーマン』が放送開始。その後も『僕とロボコ』に『マッシュル -MASHLE-』、『アンデッドアンラック』のTVアニメ化も控えている。

まさにエンタメ界隈の覇権に君臨しつつある「ジャンプ」作品だが、そんなアニメ化ラッシュも永遠には続かなそうだ。というのも、現在発表されているアニメ化が終わった後、有力な原作ストックがほとんど存在しないからだ。

着々と本誌を食う「ジャンプ+」

現在の「ジャンプ」連載陣では、中堅クラスのヒット作が少ないと言われている。「次にくるマンガ大賞 2020」の大賞に輝いた「アンデッドアンラック」ほどの知名度がある作品はほとんどなく、“大ヒット確実”なアニメ化の弾は残されていない。

また連載期間が浅い作品が多いのも特徴で、スタートから2年に満たない連載が半数以上を占めている。そんな状況に、《いつも次の弾がないと言われてるけど今回はやばい》《ジャンプは新人育たないしもう看板ないからな》と不安を募らせる人もいるようだ。

他方で「ジャンプ」とは対照的に、着実に勢いをつけているのがWebアプリ『少年ジャンプ+』だ。4月から放送された『SPY×FAMILY』は社会現象とまで言われるほど話題になり、『サマータイムレンダ』や『終末のハーレム』などの人気作も次々アニメ化。読者人気の高い『地獄楽』や『怪獣8号』も、今後アニメ化が予定されている。

新たなヒット作や新人の才能を発掘するスピードに関しては、本誌よりも「ジャンプ+」が上回っているのが現状。本誌で掲載順の高い『SAKAMOTO DAYS』に期待がかかっているものの、このまま「ジャンプ+」のアニメ化ラッシュが続けば、その差がより濃厚になっていくかもしれない。

文=野木

【画像】

Sorapop / PIXTA

【あわせて読みたい】