ジャンプアニメブームに終止符!? 冬アニメで「なろう系」15本以上の作品ラッシュ

ジャンプアニメブームに終止符!? 冬アニメで「なろう系」15本以上の作品ラッシュ

ジャンプアニメブームに終止符!? 冬アニメで「なろう系」15本以上の作品ラッシュ (C)PIXTA

今や毎クールアニメ化される作品があるほど、勢いを増している「なろう系」。来年1月から始まる冬アニメでは、史上最多とも言われるほどの本数が放送される予定だ。しかしアニメファンの中には、そんな状況を歓迎できない人も多いようで、不満の声が上がり始めている。

「なろう系」祭りにウンザリ?

これまで出ている情報によると、2023年の冬アニメでは、なんと15本以上の「なろう系」が放送される予定。『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』4期や『魔王学院の不適合者』2期といったヒット作をはじめとして、『異世界のんびり農家』など、いくつもの新作がアニメ化を果たす。

その中でも注目されているのが、『とんでもスキルで異世界放浪メシ』という作品。同作は食事をテーマにした異世界モノで、アニメーション制作を担当するのは、『呪術廻戦』や『チェンソーマン』のアニメ化で大きな注目を集める『MAPPA』だという。

とはいえ、これほど多くの「なろう系」が一度に放送されることを快く思わないアニメファンも。ネット上では、《どんだけなろう系を量産するんだよ》《流石にこれは多すぎるだろ…》《数打ちゃ当たるだろうがひどいな》《冬アニメは見る本数かなり減りそうだな》といった声がチラホラ上がっている。

ヒットするにはオリジナリティが必要

その一方、現在放送中の秋アニメでは、「チェンソーマン」『BLEACH 千年血戦篇』『SPY×FAMILY』などの『ジャンプ』系作品が話題に。さらに、『週刊少年マガジン』で大ヒット中のサッカーアニメ『ブルーロック』、『まんがタイムきらら』の最終兵器『ぼっち・ざ・ろっく』、ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』など、バリエーション豊かな作品が揃っている。

そんな今期とのギャップもあり、冬アニメを“不作”と予想する人が多いのかもしれない。

また、一部のアニメファンが「なろう系」を蛇蝎の如く嫌っているのは、多くの作品に共通してテンプレ的な展開が目立つため。RPGのような世界観や、主人公が最初から作中最強の存在という設定などを使いまわすことから、オリジナリティの欠如が指摘されている。

秋アニメでは多数の話題作が競合しているが、それぞれの強みを活かしてファンをしっかり確保できている印象。来期の「なろう系」祭りではなおさら、オリジナリティを発揮できた作品だけが日の目を浴びることになりそうだ。

果たしてアニメファンの心をとらえる作品が出てくるのだろうか…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】