見えない敵と戦うオタクたち…豪華声優集結のCygamesオリジナルアニメが“叩き棒”に

見えない敵と戦うオタクたち…豪華声優集結のCygamesオリジナルアニメが“叩き棒”に

見えない敵と戦うオタクたち…豪華声優集結のCygamesオリジナルアニメが“叩き棒”に (C)PIXTA

オタクコンテンツの雄『Cygames』が、オリジナルTVアニメ企画として『THE MARGINAL SERVICE』という作品の情報を発表。ティザービジュアルを見た一部の男性オタクたちから、いわゆる“ツイフェミ”に対する皮肉が続出してしまったようだ。

男性声優のファンは大歓喜!

アニメの詳しい内容は明かされていないのだが、ティザーPVなどには「知られてはイケナイ新サービス、爆誕」という意味深な文言が。またキャスト陣は、内山昂輝、下野紘、杉田智和、中村悠一、名塚佳織、三木眞一郎、宮野真守、森川智之といった豪華声優たちの出演が発表されている。

この発表に男性声優の女性ファンたちは熱狂しており、《声優さんが豪華すぎる!》《絶対杉田と中村イチャイチャするぞ》《下野紘は金髪ですよね!? てか最高メンツ高まる》《ストーリー気になりすぎる…キャストがゴージャス》と期待の声が数多く上がっていた。

『Cygames』が関わっているオリジナルアニメといえば、絶賛放送中の『アキバ冥途戦争』や『ゾンビランドサガ』シリーズなど、いろいろな意味で攻めた作品が多い。「THE MARGINAL SERVICE」も、枠にとらわれないアニメとして期待が持てそうだ。

その一方で、今回とくに話題になったのは、攻めたデザインのティザービジュアル。コンプラ配慮の波に逆らうかのごとく、イケメン6人と女性1人(と何らかの動物)が生まれたままの姿で勢揃いしている。

「THE MARGINAL SERVICE」が叩き棒に…

ティザービジュアルのデザインをめぐり、一部のオタクからはツイフェミに対する当てつけのような発言が。SNSなどでは、《おいフェミども出番だぞ》《ツイフェミは大歓喜やね。こういうのが望んてたやつなんでしょ?》《性的搾取って言え》《このティザービジュアルはフェミも文句はないだろうなw》といった声が上がっていた。

たしかにティザービジュアルでは男性たちが極限まで露出させられているが、もし性別が逆であれば、例によって「性的搾取」などと批判され、炎上していたかもしれない。これまで自分の大好きな作品に難癖を付けられてきたオタクたちにとっては、それが看過できなかったのだろう。

とはいえ、いくら日頃から虐げられているからといって、誰かを叩くために作品を利用するのはオタクの風上にも置けない行為ではある。

あくまで作品に罪はないはずなので、もし本当にアニメファンならば、「THE MARGINAL SERVICE」を巻き込まないように戦うべきではないだろうか。

文=大上賢一

【画像】

studiolucky / PIXTA

【あわせて読みたい】