『東京卍リベンジャーズ』最終話で本質が露呈! キャラの“左手”が不自然に隠された理由

『東京卍リベンジャーズ』最終話で本質が露呈! キャラの“左手”が不自然に隠された理由

『東京卍リベンジャーズ』最終話で本質が露呈! キャラの“左手”が不自然に隠された理由 (C)PIXTA

空前のヒットを記録しておきながら、賛否両論のラストを迎えたSFヤンキー漫画『東京卍リベンジャーズ』。11月16日発売の『週刊少年マガジン』51号に掲載された最終話には、同作の漫画としての“本質”が表れていた。

※『東リベ』最終話の内容に触れています

最終話で描かれたのは、タケミチの結婚式に「東京卍會」のOBが集結するエピローグ的な展開。一見ハッピーエンドに見えるが、ここに至るまでの展開が強引だったこともあり、大荒れしてしまった。

また、原作ファンの間では「未回収の伏線が多すぎる」という意見も。黒幕のように立ち回った稀咲鉄太や半間修二も、行動原理や言動に曖昧な点が多いまま。そもそも、なぜタケミチはタイムリープができるのかも説明されず仕舞いだ。

とはいえ、そもそも同作においてタイムリープは重要な概念ではなかったのかもしれない。最終回直前では、10ページほどで超スピードのリベンジループが行われ、タケミチがマイキーと共に「東京卍會」にまつわる事件を爆速で解決。もはやタイムリープが舞台装置でしかなかったことは明らかだろう。

では一体何がこの漫画の本質だったのか。それは最終話のとある描写から読み取れる。次々と男性キャラクターたちが登場するのだが、なぜか左手が巧妙に隠されていたのだ。

結婚式は「東京卍會」解散から11年後の出来事なので、リアルに考えるとほとんどのキャラが結婚している年齢。しかし「東京卍リベンジャーズ」はイケメンキャラ揃いということもあり、女性人気が高かった作品だ。ファンを失望させないために、左手の結婚指輪を描かないよう、配慮していたのではないだろうか。