日本代表には“革命的なストライカー”が足りない! W杯屈辱の敗戦に『ブルーロック』待望論

日本代表には“革命的なストライカー”が足りない! W杯屈辱の敗戦に『ブルーロック』待望論

日本代表には“革命的なストライカー”が足りない! W杯屈辱の敗戦に『ブルーロック』待望論 (C)PIXTA

11月27日、『カタール・ワールドカップ』(W杯)グループステージ第2節で、日本代表とコスタリカ代表が激突。それまでの期待に満ちた盛り上がりから一転、屈辱的な敗北という結果が待っていた。そんな日本代表に対して、SNS上では『ブルーロック』を引き合いに出した批判が繰り広げられている。

「最強のストライカー」を求める声

日本代表は11月23日に行われた第1節でドイツ代表に勝利を収め、グループリーグ突破に向けて勢いをつけていた。しかしコスタリカ代表相手に0-1で敗北し、苦境に追い込まれることに。敗因としては、堅守速攻を貫いたコスタリカ代表の守りを崩せなかったことが一因とされている。

試合自体は優勢に進めながらも、決定打に欠ける日本代表に、フラストレーションを溜めるサッカーファンも多かった模様。そこで浮上したのが、「青い監獄(ブルーロック)プロジェクト」待望論だった。

「青い監獄プロジェクト」とは、人気漫画『ブルーロック』に登場する施策。18歳以下のストライカー300名を集め、日本サッカーに欠如している「革命的なストライカー」を生み出すための実験を行うものだ。

ある種の夢物語ではあるのだが、日本代表の決定力不足に落胆した人々からは、《日本サッカー協会は早急にブルーロックの準備を進めてください》《そろそろ日本にブルーロック作りませんか?》《もう日本サッカーまじでブルーロックみたいな感じでストライカー育てた方がいいと思うんだが笑》《やはり日本には絶対的なストライカーが必要だ。JFAさんブルーロックプロジェクト始動しましょう》といった声が巻き起こっている。

作中で風刺されていた森保監督

さらに一部では、日本代表を指導する森保一監督に対して、《とりあえず森保監督ブルーロック見よっか》《森保はブルーロック観てサッカー勉強しろ》《森保監督、ブルーロック観てください》《森保は今からブルーロック読破合宿やれ》と要請する声も…。

皮肉な話だが、実は「ブルーロック」の作中では、森保監督を風刺したと思われるキャラクターが登場していた。

それはU-20日本代表の監督である「法一保守」という人物。見た目や名前が森保監督を髣髴とさせるのだが、作中では「耳なし法一」という二つ名をもち、あからさまに無能な監督扱いを受けている。

先日、ドイツ代表に勝利した際にはこの描写が取り上げられ、「森保監督に謝れ」といった声が湧き起こっていたものの、わずか数日でコスタリカ代表に敗北。むしろ「ブルーロック」に便乗して監督を揶揄する声すら上がっている。

スペイン代表との試合では、鮮やかな勝利を決め、ふたたび日本国民を手のひら返しさせてほしいところだ。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】