リカルドvsウォーリー大盛り上がりも…『はじめの一歩』1404話は9ページ掲載

リカルドvsウォーリー大盛り上がりも…『はじめの一歩』1404話は9ページ掲載

『はじめの一歩』136巻(森川ジョージ/講談社)

12月7日発売の『週刊少年マガジン』1号に、長寿ボクシング漫画『はじめの一歩』の最新話が掲載。リカルド・マルチネスとウォーリーの世界タイトルマッチが最高潮の盛り上がりを見せるなか、衝撃の9ページ掲載だったことから、不満げな声も上がっている。

※『はじめの一歩』最新話の内容に触れています

終始ウォーリー有利の展開で進んでいた世界タイトルマッチ。しかし第5ラウンド、ついにリカルドが反撃の狼煙を上げる。第1404話『王者の逆襲』では、コーナーに悠然と立ち、ダウンしたウォーリーを見下ろすリカルドの姿が描かれた。

ダメージはかなり大きいようだが、気力を振り絞り、なんとか立ち上がるウォーリー。しかし試合再開から早々、ふたたびコーナーに追い詰められてしまう。ステップを使っても脱出できないため、ウォーリーはあえて激しい連打で反撃を試みる──。

前々回、前回とリカルドは反撃の兆しを見せていたが、ここにきてついに両者の力関係が逆転。第4ラウンドまで追い詰められていたのが嘘のようにピンピンとした姿で、ウォーリーをボロボロの状態にするのだった。

さらに、リカルドの猛攻はまだまだ続きそうな模様。試合前半ではウォーリーの眼と勘の良さに苦しめられていたが、それを逆に利用することで、フェイントで“釣る”という攻略法を編み出したようなのだ。

休載からの減ページに怒りの声も

“絶対王者”リカルドが本来の姿を取り戻した今、ウォーリーに反撃の手立ては残っているのか…。

試合の流れが大きく動いたことで、読者たちは《ウォーリー×リカルド戦熱すぎる》《最近の一歩、久々に面白い》《リカルド戦、ハラハラする》と熱狂しているようだ。

しかしながら、今回のエピソードに不満を抱いている読者たちの姿も。試合内容以前に、掲載されたのがたった9ページだったことが受け入れがたいらしい。

しかも先週の「マガジン」では休載だったため、気になるリカルドvsウォーリーの試合が一向に先に進んでいない状態だ。

試合内容が白熱している分、《ウォーリーvsリカルドすごく面白い。悲しむべきは休載頻度とページ数か》《休載した後に減ページはひどい。せっかく面白いのにもったいない》とフラストレーションを溜める人が出てしまった。

最近の『はじめの一歩』は休載や減ページが多く、以前には1話分が7ページだったことも。読者たちの熱気を維持したまま、決着まで駆け抜けることはできるのだろうか。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『はじめの一歩』136巻(森川ジョージ/講談社)

◆過去の「はじめの一歩」レビューはこちら

【あわせて読みたい】