残念ロボアニメ『ヴァルヴレイヴ』が大人気に! パチンコ・パチスロ化で評価された作品3選

残念ロボアニメ『ヴァルヴレイヴ』が大人気に! パチンコ・パチスロ化で評価された作品3選

残念ロボアニメ『ヴァルヴレイヴ』が大人気に! パチンコ・パチスロ化で評価された作品3選 (C)PIXTA

今や定番となった、オタクコンテンツのパチンコ・パチスロ化。さまざまな漫画やアニメなどが題材となっており、その中には原作より人気が出てしまうケースも少なくない。

今回はパチンコ・パチスロ化でブレイクを果たした作品を取り上げてみよう。

<その1>『ひぐらしのなく頃に』

『ひぐらしのなく頃に』は、『07th Expansion』による同人ゲームを原作としたメディアミックス作品。いわばアングラな世界出身のこの作品が、市民権を得るようになったのは、パチンコ・パチスロの影響が関わっている。

同作は、雛見沢村を舞台とした連続怪死・失踪事件を扱ったミステリー作品。2006年に初めてTVアニメ化され、その衝撃的な展開によって話題を呼んだ。

その後もTVアニメやOVAなどで、順調に続編が制作されていくが、並行してパチンコ・パチスロ化の展開も。

2010年にゲーム版とタイアップした『パチスロひぐらしのなく頃に祭』が登場する一方、2013年には『CRひぐらしのなく頃に 頂/戯』が稼働している。

それぞれ約10年にわたって新台が投入されており、もはや定番コンテンツ。人気の理由は、やはり萌えキャラ&ホラー演出の組み合わせが、パチンコ・パチスロと相性がよかったことにあるだろう。

遊技機はリールが回っている間、いかに客をドキドキさせるかが重要。竜宮レナが狂気の表情で「嘘だッ!」と叫ぶ…という鉄板ネタがある以上、人気台になることは必然だった。