『たべる牧場ミルク』がキュートに進化…!? コーンタイプの大人気アイスを食べてみた!

「赤城 たべる牧場コーン」(ファミリーマート)

カップアイスとして人気の『たべる牧場ミルク』が、なんとコーンタイプへ進化を果たしたようだ。そのウワサを聞きつけ、コンビレビュー探検隊は、『ファミリーマート』へと足を踏み入れたのだった…。

今回実食していくのは、12月8日に「ファミリーマート」から発売された『赤城 たべる牧場コーン』。あの『たべる牧場ミルク』が、食べやすいコーンタイプへと進化を遂げた一品だ。

3種類のパッケージデザインが大好評!

カップ型の「たべる牧場ミルク」は、アイス愛好家の間で《濃厚なミルク感がたまらない!》と絶賛の声があがっていたアイス。2017年10月の発売から勢いが止まらず、今年10月には累計3700万個の売上を達成したようだ。

今回発売された「赤城 たべる牧場コーン」は、化け物級の人気商品にコーンをつけたアイス。従来の「たべる牧場ミルク」と同じように、北海道産の牛乳を最大限に使用した〝濃厚さ〟が大きな魅力だという。さらに予告の時点から反響が大きかったのは、パッケージのかわいらしさ。

パッケージはお馴染みの牛がひしめき合っているもの、コーンをそのまま口に入れて苦しそうにしている牛、キツネの着ぐるみを被った牛の3パターンが用意されており、コアなファンからの注目度はかなり高め。実際にネット上には《ちょ、パッケージかわいすぎん? コンプリートしたくなる…!》《コーンでほっぺたがとんがってる牛さんキュートすぎ!!》とメロメロになってしまう人が続出していた。

コーン部分もアイスに負けずフレッシュな味!?

では早速、「赤城 たべる牧場コーン」のお味を詳しくチェックしていこう。パッケージのつまみ部分を引っ張って開封すると、ソフトクリームのとんがった部分から、かわいらしいアイスが登場。「たべる牧場ミルク」の特徴であるソフトクリーム形が崩れないように、パッケージには工夫が凝らされている。