篠原健太『ウィッチウォッチ』CMに“あの3人”が出演! 新連載に登場フラグ?

(C)PIXTA

2月15日に公開された、漫画『ウィッチウォッチ』のCMに感涙する人が続出している。

『ウィッチウォッチ』は、先週発売された『週刊少年ジャンプ』10号から連載がスタート。作者は、『SKET DANCE』や『彼方のアストラ』で知られる篠原健太ということで注目を集めていた。

15日に公開されたCMは、「お!新連載!」「魔女っ子ものできたか」などと盛り上がる男女3人組が登場。魔女のヒロイン「ニコ」のドタバタシーンに盛り上がっているが、その姿と声が『SKET DANCE』の主要キャラであるボッスン、ヒメコ、スイッチの成長した姿だったのだ。

大人になった「スケット団」に大興奮

この姿に、SNSなどからは《ボッスンたちが大人になってる…泣くぞ?》《スケットダンスの3人の声がまた聞けるなんて神かな》《サムネでアレッ?と思ったら、スケット団やし、ロマンまで喋ってるし、もう泣く》《嘘だろ泣いた好きだ愛した嬉しすぎるまた会えるなんてマジで思って無かったありがとうありがとうありがとう》《成長したスケット団やぁぁぁぁ!!!!! ウァァァァァ!!!!!! 三人とも懐かしいやんけぇ!!!!! まって三人とも髪型めっちゃ好きなんだが…特にボッスンとヒメコ凄く好き…》といった歓喜の声が続出していた。

また、《ウィッチウォッチに3人登場の伏線説を推していこう》《なんかの拍子にボッスンとか登場しないかなー》と期待する声もあがっていた。

後日譚や続編を待ち望むファンの声も多い『SKET DANCE』。今なお漫画ファンから愛されているようだ。

文=猿田虫彦

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】