『ONE PIECE』“あの人気キャラ”が復活!? 1007話を巡って飛び交う憶測

『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

予想もつかない展開によって、毎週多くの読者を熱狂させている漫画『ONE PIECE』。3月15日発売の『週刊少年ジャンプ』15号に、人気キャラクター・光月おでんをめぐる衝撃のストーリーが描かれ、ネット上で議論を巻き起こしている。

※「ワンピース」最新話の内容に触れています

第1007話『たぬきさん』は、ウイルス兵器である疫災弾「氷鬼」の効果によって混乱が続くドーム内「ライブフロア」から幕を開ける。そこで大活躍を見せたのは、麦わら海賊団の船医・チョッパーだ。猛スピードでウイルスを打ち消すための薬を作り上げたチョッパーは、意外な方法でそれをライブフロア中の人々にお見舞いしていく。

そんな白熱した展開の裏で、天守裏「宝物殿」でも新たなドラマが。カイドウに敗れた赤鞘九人男の面々は、何者かによって手当てを受けたが、それが誰なのか分からない。河童の河松はおぼろげな記憶はあるものの、「い…夢だろう」「そんな筈はないしな」と自らそれを否定する。

ふたたびカイドウの元に赴こうとする赤鞘九人男だが、そこへ意外な人物が乱入。他でもない彼らの主君であり、20年前の戦いで命を落としたはずの光月おでんが立っていたのだ。

おでんは「会いたかったぞ!!!」「ずいぶん歳をとったな!!」と言うと、豪快に笑ってみせる。錦えもんはありえないはずの光景に困惑しつつも、その目には涙が浮かんでいた…。

読者たちも衝撃を受けたようで、ネット上では《え、今週のワンピどういうこと!? 理解が追いつかない! 追いつかないけど鳥肌!》《予想外すぎて鳥肌たった!! 今後どうなるんや》《頭パニックなる。いやいやいやいや…》《ここ何年かで1番の衝撃だった》といった反響がひしめいている。

光月おでんは「本物」なのか?

おでんといえば、作中でもトップクラスに悲惨な最期を遂げた人物。もし生存していたとすれば朗報だが、当然読者たちが疑うのは「偽物」という可能性だ。SNSなどでは、さまざまな考察が繰り広げられている。

まず目立つのは、カン十郎の能力によって生み出されたものだという説。彼は絵で描いたものを実体化する能力をもつ。かつてはおでんに直接仕えていたため、本物と見まがうほどの絵を作り出してもおかしくない。しかしカン十郎の正体はスパイであり、すでに菊之丞によって撃破されていた。わざわざ偽物を作り出して赤鞘九人男を介抱する理由もないため、この説は説得力に欠けるだろう。

また、「ずいぶん歳をとったな」というセリフに注目する人も。全員ではないが、赤鞘九人男の大半はトキトキの能力によって20年前からタイムスリップしている。おでん目線で〝歳をとった〟という感想が出てくるのは、少なからず違和感があるはず。

しかし、そこで浮上しているのが、このおでんは処刑された時点よりも前からタイムスリップしてきた…という説だ。赤鞘九人男の面々がもっと若かった時に、トキトキの能力によって未来に飛ばされ、彼らと邂逅したと考えればセリフに辻褄があう。だが、「トキトキの実」では過去に戻ることはできないので、おでんの処刑という出来事と矛盾してしまう…。

その他「何者かがおでんに化けている」説などもあるが、どれも決定的な証拠には欠けている。一体真相はいかなるものなのか、次回の「ONE PIECE」を期待して待とう。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

◆過去の「ONE PIECE」レビューはこちら

【あわせて読みたい】