アニメ『ヒロアカ』5期“作画崩壊”の予兆!? 第1話に不安の声が殺到

『僕のヒーローアカデミア』29巻(堀越耕平/集英社)

大人気ジャンプ漫画を原作としたアニメ『僕のヒーローアカデミア』(日本テレビ系)の新シーズンが、ついにスタート。5期の第1話となる『全員出動!1年A組』が、3月27日に放送された。しかしネット上では、早くも作画クオリティーを不安視する声が広まっているようだ。

※アニメ『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています

今回描かれたのは、雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒たちを主人公としたエピソード。緑谷出久をはじめとした見習いヒーローたちが、実戦を模した緊急訓練に挑んでいった。

訓練の設定は、学校の敷地内に突如としてヴィランが出現した…というもの。そこでヴィラン役として登場したのは、3年生の波動ねじれと天喰環だった。ビッグ3と称されるプロ並みの実力者を相手に、出久たちはそれぞれの個性を活かして対抗していく。

今回は模擬訓練を描いたエピソードだったが、最初から最後までド派手なアクションシーンが満載。轟焦凍が火災を沈静化するために巨大な氷の山を築く場面や、爆豪勝己が天喰に向かって猛スピードで攻撃をしかける展開など、見どころが多数用意されていた。

第4期から約1年ぶりとなる新シーズンの幕開けということもあり、作品の熱烈なファンたちは《めちゃくちゃ最高でした!! 体感10秒で終わった気がするほど引き込まれました!》《最高に良かったあぁああああ。OPもEDもかわいい感じで最高》《涙腺がぷるすうるとらしました。何十回でも観られる!》と盛り上がっているようだ。

ファンは「神作画」を熱望しているが…

その一方で、第1話の作画クオリティーに批判的な意見も多い。ネット上では《ヒロアカ5期始まったけど、作画がちょっと怪しい…》《すっごい楽しみにしてたのに作画が…対B組までに何とかならないかなあ》《ヒロアカ細かい所の作画やばいなー》《やっぱヒロアカ、作画気になるよね。呪術のあとだから尚更なのかな? 申し訳ないけどモヤモヤ…》《頼むから私の好きな場面で作画崩壊しないでね…ヒロアカ…》といった不満があがっている。

とくにキャラクターの描写に違和感を抱く人が多かったようで、《本当にアニメやってくれてるだけで有難いんですが、作画が気になる時がありました。轟少年はもっとイケメンなはず! てかみんなもっとかっこいいしかわいいよ!》《なんか作画が違う気がするヒロアカ…轟くんの横顔とかめっちゃ違和感…》などの指摘も。

ちなみに、この放送と同日には劇場版アニメ『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』の新たな情報が解禁された。劇場版は上映日が約4カ月後の8月6日となっており、TVアニメと平行して制作が進んでいたものと思われる。もしかすると、制作スタッフのリソースが劇場版に割かれていたのでは…と推測するファンもいるようだ。

アニメの制作を手掛ける「ボンズ」は、作画のクオリティーが高いことで有名。過去のアニメシリーズでは数々の熱い名シーンを生み出してきた。それだけに視聴者のハードルが高まっているのかもしれないが、次回以降で名誉を挽回してくれることを期待したい。

文=猿田虫彦
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』29巻(堀越耕平/集英社)

【あわせて読みたい】