『かぐや様』215話でかぐやの“悪癖”が発動!? 渾身の金持ちムーブに爆笑の声

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』21巻(赤坂アカ/集英社)

人気ラブコメ漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の最新話が、4月22日発売の『週刊ヤングジャンプ』21・22合併特大号に掲載。これまでも度々見られた四宮かぐやの悪癖が発動し、ネット上で大きな話題を呼んでいる。

※『かぐや様は告らせたい』最新話の内容に触れています

第215話『大林ヒカルは守りたい』は、秀知院学園の教師・大林ヒカルがメインとなった回。秀知院学園は生徒のほぼ全員が大金持ちの子息・令嬢という特殊な学校だが、大林先生は公立高校から赴任した一般人だ。

今回、大林先生は偶然にもかぐやが友人たちと恋愛トークをしているところに遭遇。かぐやは白銀御行との赤裸々な恋愛事情について語っていたため、それを教師に知られたことで怒られると怯えはじめる。

大林先生は子どもたちを守って欲しいと校長から頼まれていることもあり、かぐやと仲良くなろうとするのだが、彼女にはその言葉が脅迫や金品・カラダの要求に聞こえてしまう。そして大林先生を淫行教師と見なしたかぐやは、すかさず札束を取り出すと、「お金ならあります」と金で解決しようとするのだった…。

かぐやの「お金で解決」にファン歓喜

今でこそ普通の女の子に近づいてきたが、かぐやは巨大財閥のご令嬢。以前から困った時に「お金」で対処しようとする悪癖がある。文化祭では白銀の作ったハートのバルーンが欲しいあまり、数万円で取引しようとするなど、事あるごとにお金持ちの一面を垣間見せていた。

今回のかぐやもためらいなく教師の買収を試みており、多くの読者を沸き立たせることに。久々に描かれた金持ちムーブに、ネット上では《時々札束で解決しようとするかぐやさんほんとすき》《かぐや様の悪い癖が久々に見れたな》《当然のように教師を買収しようとするな!!》《かぐやさんの札束ひさびさに見たwww》《どこからか札束を出してくるかぐやさんがほんとかぐやさん》と歓喜の声があがっている。

なおギャグシーンが盛り上がる一方で、四条帝は「あの四宮の姫様がねぇ…」と気になる態度を見せており、今後シリアス展開へと向かっていくことを予感させられる。かぐやの父・雁庵の動きや四条家との関わりはどうなっていくのか、今後の展開にも目が離せない。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』21巻(赤坂アカ/集英社)

◆過去の「かぐや様は告らせたい」レビューはこちら

【あわせて読みたい】