サンデー新連載『かけあうつきひ』好評! 作者は『くりぃむANN』と『スマブラ』好き?

サンデー新連載『かけあうつきひ』好評! 作者は『くりぃむANN』と『スマブラ』好き?

サンデー新連載『かけあうつきひ』好評! 作者は『くりぃむANN』と『スマブラ』好き? (C)PIXTA

5月12日発売の『週刊少年サンデー』24号から、新連載『かけあうつきひ』がスタートし、好評を博しているようだ。

福井セイによる『かけあうつきひ』は、芸人同居コメディー。親友の上狛陽と有戸月は、芸人を目指して上京し、六畳一間で同居生活を送っていた。漫才コンビ『400倍』としてアパートで稽古に励むが、お腹が減ってしまって稽古にならない。しかし2人の食費は残り300円…。2人は工夫を凝らし、空腹をしのごうと画策するのだった。

作中では月がボケまくり、陽がツッコミまくる。〝肺呼吸〟という新ネタを仕上げようとするのだが、日常の掛け合いがすでに漫才のようだ。また、月が突然タイムスリップしたという寸劇を始めたり、お金が無いながらも、楽しげな同居生活の様子が描かれている。

『かけあうつきひ』作者はラジオとスマブラ好き?

いわゆる日常系の雰囲気が漂う同作に、読者からは《主人公2人の掛け合いや仲の良さが、見ていてとても楽しくて実に良きでした。これからが凄く楽しみ》《テンポ良く進んで、ボケツッコミ楽しかったし、ほのぼのしたし、心がほわっとした。次回以降にも期待!》《漫才師を目指す2人の女性のゆるい日常漫画。やりとりが面白かった。冷蔵庫ガチャとかよく思いつくなw》《ほのぼの系で月ちゃん陽ちゃんの掛け合い? やりとりがかわいい~! うちは陽ちゃん推し!》《かわいい絵で、駆け出し漫才コンビのボケ倒しツッコミ倒しの日常を描く感じかな。掛け合いが冴えててとても楽しい》といった好評の声があがっていた。

また、《漫才コンビの名前が有戸月と上狛陽で、住んでるアパート名が済々荘だし、作者さん絶対くりぃむANN好きだな~》《反転空後とか、ほむひかりとか、スマブラネタが入ってる》と指摘する人も。これらの小ネタも、ニヤっとしてしまう同作のポイントになっていくかもしれない。

漫才がテーマの作品は難しいと言われているが、この先どのように展開していくのだろうか。『400倍』の活躍とともに見守っていきたいものだ。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

evgenyatamanenko / PIXTA

【あわせて読みたい】