アニメ『シャーマンキング』新EDは堀江由衣!“電波ソング”を期待するファン

アニメ『シャーマンキング』新EDは堀江由衣!“電波ソング”を期待するファン

アニメ『シャーマンキング』新EDは堀江由衣!“電波ソング”を期待するファン (C)PIXTA

現在絶賛放送中のアニメ『SHAMAN KING』(テレビ東京系)。その第2弾エンディングテーマを、世界中のアニメファンを魅了してきた声優の〝ほっちゃん〟こと堀江由衣が担当することが明らかとなった。堀江にとって2年ぶりの新曲ということもあり、ファンからは歓喜の声が相次いでいる。

エンディングテーマに起用された楽曲は、7月1日にデジタルシングルとしてリリースされる新曲『Adieu』。アニメ公式サイトにて、堀江は《エンディングテーマまで担当させていただけるのは、嬉しい反面とてもプレッシャーを感じています。みなさまに楽しんで聞いていただけたら嬉しいです》と心がこもった感謝の気持ちを述べていた。

堀江は「アイアンメイデン・ジャンヌ」役として本編に出演しているが、アーティストとしての参加はファンも予想外だったはず。ネット上では《マンキンEDほっちゃんやったああああ》《ほっちゃん! メイデン様! 公式様ありがとうございます!》《ほっちゃんがシャーマンキングのED歌う時代に生きてて良かった。ほああああ!》《うおーED変わるのか! ほっちゃーん! ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!》などと大きな反響を呼んでいる。

勝利が約束されたタッグ!?

また今回の新曲「Adieu」は、シンガーソングライター・清竜人が作詞・作曲・編曲を担当。2人のコラボは初めてではなく、さまざまなアニメでタイアップ曲を披露してきた。どれもクセの強い曲が多く、変拍子や転調を詰め込んだ『インモラリスト』や、異様な疾走感のある『The World’s End』など、電波ソングと呼ばれるジャンルの歴史を更新してきた。

楽曲のクオリティーはもちろん、天使のごとく耳に優しい堀江のボイスも組み合わさることで、新曲も必聴の出来となるはず。まだ楽曲自体を聞くことはできないものの、早くも《堀江由衣×清竜人、神》《良質な電波ソングになりそう》《インモラリストみたいな感じな曲になるのかなぁ。楽しみ》《ほっちゃんの新曲が出ること、それがマンキンのEDであること、そして清竜人作詞作曲編曲であること、全てが最高に嬉しくて幸せ》などと期待の声が溢れかえっている。

ちなみに楽曲に先駆け、公式サイトやツイッターなどでは新曲のジャケットが公開中。水面に白いドレスを着て佇む堀江は美しく、まさに水の妖精そのもの。一目見るだけで彼女の魅力に引き込まれること間違いなしだ。

6月25日放送のラジオ『堀江由衣の天使のたまご』(文化放送)では、新曲の音源が初解禁される予定。先行して試聴できるチャンスなので、ファンならずとも絶対に聞き逃さないようにしたい。

文=大獄貴司

【画像】

Rawpixel / PIXTA

【あわせて読みたい】