『ヒロアカ』317話デクとオールマイトの“絆”に亀裂…「しんどい」「切なすぎ」

『ヒロアカ』317話デクとオールマイトの“絆”に亀裂…「しんどい」「切なすぎ」

『僕のヒーローアカデミア』30巻(堀越耕平/集英社)

人気漫画『僕のヒーローアカデミア』の最新話が、6月21日発売の『週刊少年ジャンプ』29号に掲載された。第317話は『傷、血、泥』という不穏なタイトルで、緑谷出久とオールマイトの関係に大きな亀裂が入ることに。この展開に不安を隠せない読者が続出しているようだ。

※『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています

前話では出久含むヒーローチームが乗り込んだヴィランのアジトが爆破されたが、ヒーローたちは無事脱出。しかしヴィランを追う手がかりが消え、捜査は振り出しに戻ってしまう。

そこでプロヒーローは一堂に会し、今後の対策を練り始めることに。中でも懸念されたのは、あらゆる負の連鎖が出久に集約されるのでは…という問題だった。マスコミは出久の存在に気付き始めているようで、もし大々的に報道されれば出久がさらなる負担を背負いかねない。

その一方で出久は、オール・フォー・ワンから言われた「次は君だ」というセリフが心に刺さっているようだ。とくにオールマイトを巻き込むことを恐れているようで、彼がお弁当を渡そうとすると、「もう大丈夫です」「付いてこなくて」と拒絶。救いの手を伸ばそうとするオールマイトを振りきり、たった1人で飛び立つのだった…。

師弟コンビの危機…出久の姿にファンからは悲痛な声

オールマイトと出久といえば、物語の始まりからいつも寄り添ってきた師弟コンビ。師匠に強く憧れる出久と、弟子を見守るオールマイトの関係は強固な絆で結ばれていた。しかし今回、初めて2人の間にハッキリとした破局が訪れることに。

ショッキングな光景を目の当たりにした読者からは、《今週のヒロアカしんどすぎて… 何かが間違ってる気がする… オールマイト切なすぎて…》《ヒロアカ本誌泣きながら読んだ…》《デクとオールマイトのほのぼの師弟コンビのやりとりはどこに行った》《デクくんが1人で突っ走り始めたのつらい… オールマイトのことも置いてっちゃうし、ほんと1人にならないで》《マジでデクの変化ぶりがやばすぎて泣けてくる、あんな笑顔でオールマイトの飯食ってたのに…》と胸を痛める反応が続出している。

ラストでは打ちひしがれるオールマイトの傍に、〝ヒーロー殺し〟のヴィラン・ステインが接近。全盛期のオールマイトを「本物の英雄」と称え、その他のヒーローは「贋物」として殺害し続けてきた彼の登場は、吉と出るのか凶と出るのか…。オールマイトと出久の今後が心配でならない。

文=野木
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』30巻(堀越耕平/集英社)

◆過去の「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】