コスプレイヤーを“悪者”に…?『グッド!モーニング』偏向報道に批判殺到!

コスプレイヤーを“悪者”に…?『グッド!モーニング』偏向報道に批判殺到!

コスプレイヤーを“悪者”に…?『グッド!モーニング』偏向報道に批判殺到! (C)PIXTA

リアルイベントの開催をめぐって、連日さまざまな議論が行われているコロナ禍の昨今。6月28日放送の情報番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)では、都内で行われたコスプレイベントに関する報道が行われた。コスプレイヤーを糾弾するような報道姿勢に対して、ネット上では激しい反発の声があがっている。

この日の番組では、緊急事態宣言が解除されたことによって人手が増加したことや、感染者数のリバウンドが生じていることを報道。そして「『まん延防止』移行 初の週末 イベント再開で人手増える」というテロップと共に、池袋で開催されたコスプレイベント『acosta!』に取材した映像が流された。

イベント会場を訪れたアナウンサーは、「こちらものすごい人だかりですね」と紹介。人手の多さを強調するような口ぶりで、「コスプレをしている人たちが公園内にたくさんいます」と語った。さらにナレーションにて「ところ狭しと公園を埋めつくすイベント参加者たち。肩を寄せて写真撮影をする姿もありました」という説明が入り、参加者たちの姿がモザイク越しに映し出されていく。

まるでリバウンドの原因をコスプレイベントに押し付けるかのような報道に、ネット上では《明らかに悪意しか感じないんだけど。印象操作本当に良くない》《イベント再開してるのはどこも同じなんだからこういうことするのホントにおかしいと思う。そろそろ抗議した方がよくないか?》《こういうので叩くの良くない…ちゃんとみんな感染対策した上で参加してるのだから、勘違いさせるような報道はして欲しくないです》《コスプレ大会=密みたいな陰謀のように見える。オリンピックの画面を使って「密」の印象操作してよ》などと激しく反発する声があがっている。

オリンピックに代わる“いけにえ”扱い?

もちろん世間には、コロナ禍のリアルイベント開催に否定的な意見を持つ人も多い。そうした人々からは、《こんだけ密集してるのに問題ないは無理でしょ》《世間の自粛している人たちからすれば、マスク無しで変な格好して騒いでいるやばい集団にしか映らない》と報道に同調するような声もあがっていた。

しかし問題は、コスプレイベントを人手増加の原因に見せかけるような恣意的な報道にあるだろう。コスプレイベントの参加者は社会全体からすればごく一部であり、他の場所よりも感染リスクが高いという根拠はない。そもそも人手が増えた原因としては、「飲酒解禁」などさまざまな事情が考えられる。

さらにいえば、報道番組がオリンピック開催についてあいまいな姿勢をとっているのも大問題。小規模なイベントの開催を否定するのであれば、より規模の大きいオリンピックには断固反対の姿勢を示さなければならないはず。その点を無視して、コスプレイベントをやり玉にあげるのは理不尽ではないだろうか。

なお、今回の報道を受けて「acosta!」の公式ツイッターアカウントは驚きの事実を公表。「グッド!モーニング」から取材申し込みがあったものの、事前に断っていたという。つまりイベント取材は無許可で行われたということになる。

なぜそこまでして強引に、コスプレイベントを悪者に仕立て上げなければならなかったのか…。報道の裏側に秘められた大人の事情が気になるところだ。

文=大上賢一

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

【あわせて読みたい】