新アニメ『かげきしょうじょ!!』リアルな“オタク描写”が物議「ダメージ受けた」

新アニメ『かげきしょうじょ!!』リアルな“オタク描写”が物議「ダメージ受けた」

新アニメ『かげきしょうじょ!!』リアルな“オタク描写”が物議「ダメージ受けた」 (C)PIXTA

歌劇に打ち込む少女たちの青春模様を描いたTVアニメ『かげきしょうじょ!!』(TOKYO MXほか)が、7月3日から放送スタート。第1話から衝撃的なシーンが描かれ、アニメファンたちがどよめいているようだ。

同作は、歌劇団のスターを育成する「紅華歌劇音楽学校」を舞台とした物語。178cmという恵まれた体躯をもつ破天荒少女・渡辺さらさと、元・国民的アイドルの奈良田愛を中心として、スポ根的な競争を繰り広げる様が描かれていく。

第1話『桜舞い散る木の下で』では、そんな主人公たちが運命的な出会いを果たすエピソードが描かれることに。2人は学園を受験する際、敷地内に咲いていた大きな桜に魅入られる。しかしその桜は「入学前に紅華桜の前に立つべからず、立った者は絶対にトップにはなれない」という言い伝えがあるものだった──。

まだ物語は幕を開けたばかりだが、少女を主人公とした演劇モノということで、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』や『アクタージュ act-age』を連想する人が多い様子。ネット上では《かげきしょうじょ面白いな… アクタージュに夢を見ていた民として何かが救われた》《アクタージュの亡霊に囚われたぼく、かげきしょうじょの視聴継続を決意》《かげきしょうじょは実質レヴュースタァライトなのでは?》といった期待の声が上がっている。

物議を醸した「アイドルオタク」の描写

原作人気の高さから言っても、同作は間違いなく今期の注目作。しかし第1話では、〝オタク描写〟に引っかかる視聴者が多かったようだ。開幕早々、愛がマスクをして電車に乗っていると、アイドル時代のファンが「あの! もしかして…奈良っち?」と声をかけてくる。それを嫌がった愛は電車から降りるのだが、別のファンが後ろから肩を触り、「元JPXの奈良っちさんですよね?」などと推しに対する愛情を告白。男性恐怖症の愛は、青ざめた顔で「嫌だ、ごめん。助けて」と言いながら逃げ出してしまう…。

さらにラストシーンでも、アイドルオタクらしき男性の独白がホラーじみた演出と共に描かれていた。きわめてリアルかつ容赦のない扱いに、ネット上では《最初と最後の愛につきまとうヲタクがキモくて嫌だった》《本編よりもオタクの印象が強すぎてそっちしか残ってないな。なぜか自分もダメージを受けてしまったが…》《面白いけどオタクに親でも殺されたのか? いやオタクはキモイですが…》《オタクくんの描き方が本当にオタクをキモイと思ってるんだろうなって描き方でよかった》などと賛否両論が巻き起こっている。

地上波でアニメとして放送される以上、視聴者の中にオタク層が含まれることはもはや必然。1話目から媚びない姿勢を見せつけた「かげきしょうじょ!!」は、ヒット作となることができるのだろうか…。

文=猿田虫彦

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】