『名探偵コナン』1077話“怪盗キッド”変装回に絶賛の声! ファンの間で推理合戦が白熱

アニメ『名探偵コナン』1013話ヤンデレすぎる犯人に視聴者絶句「過去最狂クラス」

『名探偵コナン』99巻(青山剛昌/小学館)

7月28日に発売された『週刊少年サンデー』35号に、『名探偵コナン』1077話が掲載された。先週号から始まった安室透vs怪盗キッド回が、今週号でさらに白熱しているようだ。

※『名探偵コナン』最新話の内容に触れています

先週から始まった新章の舞台は、博物館で開かれている「ロバノフ王朝の秘宝展」。世界最大級のガーネットが埋め込まれた「王妃の前髪(クイーンズ・バング)」を怪盗キッドが盗むと予告する。安室はキッドの挑発に乗ってしまい、公安の〝降谷零〟として部下・風見裕也を呼び出し、お宝の警備に当たらせていた。

1077話『煙霧』では、キッドが予告した時間となり、お宝周辺に白い霧が発生する。これは本物の霧ではなく、白い塗料を霧状にして噴霧したもの。ガスマスクを持っていない安室、風見、喫茶店『ポアロ』の榎本梓は展示室から避難する。

霧が引いたあと、お宝を確認するとキッドから「王妃の前髪は頂戴した!」というメッセージカードが刺さっていた。どうやらキッドは警備と捕獲用のカラクリをかいくぐり、見事「王妃の前髪」を盗んだようだ。

コナンは、まだ博物館から出ていないはずのキッドを捜索することに。過去の事例から推理し、キッドが変装しているのは、ガスマスクをつけていなかった3人の内誰かだと絞り込む。コナンは安室と梓に『ポアロ』の新メニューを聞いたり、風見に質問を投げかける。そして、3人の手についた白い塗料を確認。何かひらめいた表情を見せるのだった。

怪盗キッドが変装したのは誰…?

キッドが誰に変装しているか分からない展開に、読者からは《風見に1票》《梓の不自然さから、梓がキッドな気がするんだがな》《蘭たちが梓は眠いから帰ったはずと言っていて、梓本人も眠くて帰るつもりだったとコナンに話しているから、キッドがモニタールームを盗聴していない限りは梓は本人だとは思う》《風見が一番怪しいと思うが、3人全員の指にだけ塗料がついてる理由が全くわからん》《風見と話している安室の口調が変な気もするけど》《そうか、安室がかまかけてて、現場=ヨーコのライブだと理解していない風見が怪しいんだ》と推理する声があがっている。しかし、誰も確証を持ちえないようだ。

また、安室vsキッドという展開に、《マジで今週号面白いわ》《久しぶりにコナンが面白くて驚いてる》《ちゃんと推理してるコナンってやっぱ面白いな》《コナンも蚊帳の外じゃなく主人公してるし、普通に面白い》《今週号面白い。絵のクオリティーも良いし》と絶賛の声も聞こえてくる。

果たしてキッドは誰に変装したのだろうか。コナンが導き出す推理に注目したい。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『名探偵コナン』99巻(青山剛昌/小学館)

【あわせて読みたい】