アニメ『ドラえもん』未来の世界の“しずかちゃんオルタ”登場に騒然…「誰の子?」

アニメ『ドラえもん』未来の世界の“しずかちゃんオルタ”登場に騒然…「誰の子?」

『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

7月31日のアニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)では、未来の世界を舞台としてのび太の子孫・セワシや彼の友人たちが登場。その中に、しずかちゃんにそっくりな少女が紛れ込んでいたことが、大きな物議を醸しているようだ。

※アニメ『ドラえもん』最新話の内容に触れています

問題の人物が登場したのは、最初に放送された「未来の町にただ一人」というエピソード。夏休みのある日、のび太はドラえもんにどこかへ連れて行ってもらおうとする。ところがドラえもんは慌てて未来の世界へ帰ってしまい、のび太も急遽追いかけることに。

未来に到着したのび太は、謎めいた生物の大群に遭遇。それから運よくセワシと合流するのだが、宇宙人の襲来で人間が壊滅したという話を聞かされる。2人は協力して宇宙人と戦うが、セワシはあっけなく敗北。しかし実はセワシが挑んでいたのは、たんなるインベーダーゲームだったようだ。起き上がったセワシのもとに、旅行から帰ってきた友人3人がやってくる。その友人たちは、ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんにそっくりな姿をしていた──。

「しずかちゃんオルタ」はどこから生まれた?

視聴者たちはこの中にいた、〝しずかちゃんに瓜二つの少女〟に目を奪われてしまったようだ。他の2人に関しては、現代のジャイアンやスネ夫の子孫にあたる人物だと推測できる。一方でしずかちゃんは未来でのび太と結婚するはずなので、謎の少女は少なくとものび太の子孫であるセワシと親族関係でないとおかしい。だが彼女は作中で家族と火星へ旅行に行っていたため、2人はたんなる友人だと思われる…。

少女の正体を不審に感じた人も多く、ネット上では《のび太はしずかちゃんと結婚するのに、なんでしずかちゃんにそっくりな女の子がいるんだ》《しずかちゃんに似てる子は誰の子よ…》《しずかちゃん似の子は、本当にセワシくんと血がつながってないんだろうか?》《この世界線のセワシって、しずかちゃんの子孫じゃないのかな》などと疑問の声が続出している。

ちなみに今回のエピソードは原作を題材とした話で、漫画内でも謎の少女は登場。また2006年や、大山のぶ代時代のアニメでも同じエピソードが描かれており、そのすべてに少女の姿が見られる。しかし2019年に放送された未来を題材にしたエピソード「22世紀で夏休み」には、ジャイアンとスネ夫に似た少年は登場したが少女の存在は皆無。「ドラえもん」では、のび太がしずかちゃんと結婚した世界線とそうでない世界線が混線しているのかもしれない。

謎が謎を呼ぶ、未来ののび太たちをめぐるストーリー。「SF(すこしふしぎ)」の名にふさわしい回となったようだ。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

◆過去のアニメ「ドラえもん」毎話レビューはこちら

【あわせて読みたい】