アニメ『シャーマンキング』19話に“鈴木達央”登場!「聞き覚えあると思った…」と騒然

アニメ『シャーマンキング』19話に“鈴木達央”登場!「聞き覚えあると思った…」と騒然

『SHAMAN KING』1巻(武井宏之/講談社)

武井宏之の人気コミックを原作としたアニメ『SHAMAN KING』(テレビ東京系)の第19話『黒いジャガー』が、8月19日に放送された。作中では大きな騒動の渦中にいる〝お騒がせ声優〟が登場し、視聴者たちをザワつかせているようだ。

※アニメ『SHAMAN KING』最新話の内容に触れています

パッチ村を訪れた葉たちは、予選で激闘を繰り広げたファウストVIII世と遭遇。仲間にしてほしいという予想外の提案があり、一度は断ったものの、行方不明のリゼルグの代わりにチームに迎え入れる。そして葉、木刀の竜、ファウストの3人で「ふんばり温泉チーム」を結成し、いよいよシャーマンファイト本戦が始まった。

舞台はアメリカから東京の島にある闘技場へと移り、本戦最初のトーナメントバトルが開始。第1試合は道蓮、ホロホロ、チョコラブのチーム「THE蓮」から始まり、対戦相手にはハオ一味と思われる「土組」が登場する。そのメンバーは過去に葉と戦った仏教ユニット『BōZ』と、メキシカンな服装をした謎の男の姿が…。

蓮は試合開始早々、「BōZ」の2人をチョコラブ1人に任せる。ハオの手下ということで怯えるチョコラブだったが、「BōZ」の猛攻を全てかわすと、たった一撃で仕留めてしまう──。

活動休止中なはずのアノ男が…?

ついに始まったシャーマンファイト本戦。初戦からハラハラする展開が繰り広げられたが、視聴者は別の意味で手に汗を握ったようだ。それは「BōZ」のエレキビワ担当・杉本良の登場。何を隠そう杉本の声は、LiSAの夫であり、不倫騒動によって活動休止にいたった声優・鈴木達央が担当しているのだ。

エンディングのクレジットにもしっかりと鈴木の名前が記されており、ネット上では《マンキン観たら鈴木達央出てきたw》《たっつんが喋ってる!》《やっぱり聞き覚えあると思ったら鈴木達央…》《鈴木達央さんの声、活動休止後初めて聞いたかも》《シャーマンキングは普通に鈴木達央が出ていた。収録済やったのかな?》と大きな反響を呼んでいた。

鈴木は活動休止後、自身の担当していたアニメ『ULTRAMAN』東光太郎役を降板。また所属するユニット『OLDCODEX』の活動休止など、数々の作品に多大なる影響を与えている。「SHAMAN KING」でも降板が予想されていたが、「BōZ」がチョイ役だったためか難を逃れたようだ。

ちなみに8月20日には同作のキャラクターソングもリリースされたが、そこに収録されている「BōZ」の楽曲『ちみ・ちみMORYO -二経- Remix』も影響はない模様。

少なくとも次回の放送では「BōZ」が登場するが、この先の声優変更についてはいまだ未知数。シレっと声優が変わっているかもしれないので、見逃さずにチェックしよう。

文=大獄貴司
写真=まいじつエンタ
■『SHAMAN KING』1巻(武井宏之/講談社)

◆過去のアニメ「SHAMAN KING」レビューはこちら

【あわせて読みたい】