アニメ『ヒロアカ』108話ヴィランアカミデア開幕にファン熱狂「死柄木しか勝たん」

アニメ『ヒロアカ』108話ヴィランアカミデア開幕にファン熱狂「死柄木しか勝たん」

『僕のヒーローアカデミア』31巻(堀越耕平/集英社)

大人気アニメ『僕のヒーローアカデミア』(日本テレビ系)の最新話となる第108話『僕のヴィランアカデミア』が、8月21日に放送された。今回から死柄木弔をはじめとしたヴィランを中心としたストーリーが開幕し、女性ファンを熱狂させているようだ。

※アニメ『僕のヒーローアカデミア』最新話の内容に触れています

現在の時系列から約2カ月前、死柄木たち「ヴィラン連合」の面々はオール・フォー・ワンの忠実な配下であるギガントマキアと邂逅していた。しかし、ギガントマキアは死柄木が「弱すぎる」として、新たな主と認めない。

そこでドクターから連絡が入り、死柄木たちは個性によってアジトへと転送される。ドクターは「氏子達磨」と名乗り、死柄木の価値を見極めようとしていると宣言。それに対して、死柄木は全てを破壊するために「力を貸せ」と強気に言ってのける。

氏子は死柄木の野望を気に入った様子。力を貸すための条件として、「ギガントマキアを屈服させてみろ」という命令を下す。それから1カ月半にわたり、死柄木たちはギガントマキアとの戦闘を繰り広げるのだが、ある日「異能解放軍」のリ・デストロから義爛を人質にとったという連絡が入る…。

ヴィランサイドから見る死柄木の魅力

ヒーローの活躍を描いてきたこれまでの展開から一転、今回からヴィランがメインとなる「ヴィランアカデミア編」がスタート。タイトルロゴも「僕のヴィランアカデミア」と大胆に一新され、今後は「ヴィラン連合」と「異能解放軍」の戦いが描かれるようだ。

とくに熱視線を浴びているのは、ヴィランを率いる死柄木の活躍。今回もカリスマ的なリーダーシップを発揮する姿や、幼少期の切ない回想シーンがたっぷり描かれており、ファンからは《ヴィランアカデミア最高! やっぱ死柄木しか勝たん! 崩壊させられたいわ~たまらん》《本気で死柄木に惚れた件》《弔君! カッコよすぎて心臓止まるかと思ったわ》《ちょっとお茶目なところもカッコいい姿も、いろいろな死柄木くん見られて本当ヴィラアカ最高だった~!》と歓喜の声が続出している。

死柄木はもともと女性ファンの多いキャラクターだったが、「ヴィランアカデミア編」によってさらに人気が加速することは間違いないだろう。また、「ヴィラン連合」には他にも荼毘やトガヒミコといった個性的な登場人物が所属しているため、大きな盛り上がりを見せそうだ。

ヴィランたちは物語の中で、いかなる成長を遂げていくのか。白熱する新章の行方を見届けよう。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ
■『僕のヒーローアカデミア』31巻(堀越耕平/集英社)

◆過去のアニメ「ヒロアカ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】