『東リベ』221話ドラケンに衝撃展開…!「絶望した」「鈴木達央のせい」と阿鼻叫喚

『東リベ』221話ドラケンに衝撃展開…!「絶望した」「鈴木達央のせい」と阿鼻叫喚

『東リベ』221話ドラケンに衝撃展開…!「絶望した」「鈴木達央のせい」と阿鼻叫喚 (C)PIXTA

9月8日発売の『週刊少年マガジン』41号に掲載された漫画『東京卍リベンジャーズ』の最新話が、大きな話題を呼んでいる。最終ページにて人気キャラクター・龍宮寺堅(ドラケン)の衝撃的な姿が描かれたことにより、ファンの間でさまざまな憶測が飛び交っているようだ。

※『東京卍リベンジャーズ』最新話の内容に触れています

読者を動揺させているのは、第221話『Ups and downs of his fate』のラストシーン。花垣武道(タケミチ)と瓦城千咒のピンチに駆けつけたドラケンは、拳銃を持った不良の集団から2人を守ってみせる。お礼を言うタケミチに、ドラケンは優しい微笑みを向けるのだが、突如として「俺はここまでだ」と言いながら倒れてしまう。仰向けになったドラケンの身体には、不良の集団がタケミチに向けて放った銃弾が打ち込まれていた──。

ドラケンといえば、作品屈指の人気キャラクター。そんな彼が死の危機に晒されているということで、ファンの間では《やばい! ドラケン! マガジンまで地獄展開すな! 地獄はジャンプだけでええねん》《マガジン読んだ… えぇヤダよ、もうしんどすぎるドラケン…》《死なんでくれよドラケン…と恐る恐るマガジン開いて絶望した》といった動揺の声が続出している。

なぜドラケンの身に悲劇が襲ったのか…?

もともと今回のエピソードにはドラケンが深く関わっていなかったこともあり、多くの読者はラストシーンに衝撃を受けてしまった模様。中には、彼が突如として倒れた理由を声優・鈴木達央の不祥事に求める人もいるようだ。

ご存知の通り、鈴木はアニメ『東京リベンジャーズ』(テレビ東京系)でドラケン役を担当している声優だが、今年7月に一般女性との不倫を報じられたばかり。不倫報道を受け、8月4日から活動を休止しており、復帰の目処は立っていない。

声優業界は鈴木の存在を抹消しようとしているのか、『機界戦隊ゼンカイジャー』(テレビ朝日系)では、彼の担当していたゲゲというキャラクターが不自然なほど喋らない事態が発生。その後、公式に声優が福西勝也へと変更されたことが明かされていた。

こういった背景を踏まえて、作者はアニメでのドラケンの扱いが難しいと考え、強制的に退場させたのかもしれない…。邪推を繰り広げる人々の間では、《鈴木達央のせいでドラケン間引かれて草》《え? ドラケンくん? 鈴木達央さんの事件のせいなの?》《鈴木達央が不倫しなかったらドラケン死ルートはなかった…?》《鈴木達央がやらかしたからドラケン死んだか?》といった説がまことしやかに囁かれている。

今回巻き起こったドラケン騒動の真相は不明だが、アニメの次シーズンが放送される際には必ずその処遇に注目が集まるはず。声優は己の身の振り方1つでキャラクターの命を奪ってしまうこともあると、肝に命じてもらいたい。

文=城門まもる

【画像】

master1305 / PIXTA

【あわせて読みたい】