映画『ドラゴンボール超』新作で“セル”が復活!? 悟飯vsセルに期待するファン

映画『ドラゴンボール超』新作で“セル”が復活!? 悟飯vsセルに期待するファン

映画『ドラゴンボール超』新作で“セル”が復活!? 悟飯vsセルに期待するファン (C)PIXTA

2022年の公開に向けて、さまざまな情報が小出しに明かされている映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』。ファンの間では早くも映画の内容についての考察が始まっているのだが、その中には「ラスボスがセル」という説を提唱する人もいるようだ。

先日公開された同映画の特別映像第2弾を見るかぎり、あまりセルは関係のない物語に思えるが、なぜラスボスとしてセルが登場すると予言されているのか。根拠となっているのは、『New York Comic Con 2022』で孫悟空役の声優・野沢雅子が口にしたコメントにあるようだ。

イベント内で野沢は、これまでの劇場版と違い「悟飯一家のことも描かれる」と明言。また彼女は、「レッドリボン軍が出てくるんです。嫌ですね… なんて姑息なことをしてくるんだ」とも語っていた。

実際のところはどのような内容になるのかわからないが、まず「悟飯一家のことも描かれる」と言っていたことから、今作の中心的人物は孫悟飯なのかもしれない。特別映像第2弾では、悟飯の師匠的なポジションであるピッコロや、娘のパンが描かれていたので、可能性は十分あるだろう。

そして悟飯のライバルといえば、やはりセルというイメージがある。そのため映画の主人公は孫悟飯だと予測した上で、《今回のラスボスはセルなのかも》と考察するファンがいるようだ。

レッドリボン軍とセル復活を結びつけるファンも!

また野沢の「レッドリボン軍が出てくる」という発言も、〝ラスボス・セル説〟を補強している模様。そもそもセルは、かつてレッドリボン軍に所属していたドクター・ゲロが生み出した人造人間である。そのためSNSなどでは、《今になってRR軍ということはマジでセルが復活したりして》《レッドリボン軍が絡んでるってことはセル復活の可能性もあるのか…?》などと予想する声もあがっていた。

実際に以前からドラゴンボールファンの間では、《なんでドラゴンボール超でセルだけ復活しないの?》という疑問の声があがっていた。というのも『ドラゴンボール超』では、フリーザや魔人ブウなど、かつてのラスボス的なキャラクターが登場しているのだが、なぜかセルだけはほとんどノータッチ。そのような事情もあって、新作映画のラスボスはセルであってほしい… と願うファンは少なくないようだ。

とはいえラスボスがセル説には《それならセル復活を大々的に予告するよなぁ》との懐疑的な声もあり、本当のところはどうなるのかはまだまだわからない。ただ公開前に考察を広げるのも映画の醍醐味だと思うので、明かされた情報を反芻しつつ続報を待とう。

文=猿田虫彦

【画像】

golubovy / PIXTA

【あわせて読みたい】