人気ゲーム『LoL』の民度が低すぎ? はんにゃ・川島への陰湿イジメに「ライン越えてる」

人気ゲーム『LoL』の民度が低すぎ? はんにゃ・川島への陰湿イジメに「ライン越えてる」

人気ゲーム『LoL』の民度が低すぎ? はんにゃ・川島への陰湿イジメに「ライン越えてる」 (C)PIXTA

お笑いコンビ『はんにゃ』の〝川島ofレジェンド〟こと川島章良が、オンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』(LoL)にて悪質なイジメを受けている模様。以前からたびたび民度の低さが指摘されていたこともあり、ネット上では川島に対する同情の声が広がっている。

「LoL」はマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)の代表的なゲームで、5対5で相手の本拠地を目指していくシステム。世界的人気を誇っている一方で、ゲーム難易度はかなり高い。川島は昨年2月からYouTubeチャンネル『元はんにゃ川島のeスポーツ芸人生活』を開設し、同ゲームに挑戦していた。

企画挑戦に際して芸名を川島ofレジェンドに変更したことも相まって、ゲームユーザーたちは川島の挑戦に注目。しかし、その腕前はなかなか上達せず、最低ランクの「アイアン」まで降格してしまうことも。いつしか「LoL」界隈のイジられキャラとして一躍有名人となり、ネット上では「はんにゃ川島LoL伝説」なるコピペも出回っている。

それでも楽しく「LoL」をプレイしていた川島だが、悪意を持ったプレイヤーからの嫌がらせを受けることもあるという…。

イジリの領域を超えた悪質な嫌がらせ

実は、以前から川島は悪意を持ったプレイヤーから、「スマーフ」を伴ったスナイプ行為の被害に遭っている。「スマーフ」とはサブアカウントを用いる、あるいはわざと敗北を重ねることでランクを下げて初心者狩りを行う行為。つまり川島は、本来格上であるはずのプレイヤーと対戦する状況が頻発しており、その都度苦戦を強いられている。

そんな嫌がらせの集大成と言ってもいい事件が起きたのが、10月23日の配信だ。この日川島は、Twitchでいつもどおり「LoL」の配信を行っていたのだが、途中でスナイプ被害に遭遇。その上、対戦相手と思われるユーザーがTwitchのチャット欄に現れ、川島のことを煽るようなコメントを繰り返していた。

当然、試合も川島側に勝ち目はなく、いつ決着がついてもおかしくない状況。しかし、対戦相手はわざと勝利条件である敵のオブジェクトを破壊せず、ひたすら川島のことを狩り続けていく。

一連の嫌がらせはなんと40分にも及び、さすがの川島も「一生懸命やってんのにね、何がおもろいんだろうね」とゲンナリ。ネット上では、《流石にライン越えてるでしょコレ》《こんなの川レジェ本人も見てる人も誰も楽しくないでしょ…悲しくなる》《流石にここまでするのは酷えな》《民度低すぎやろこんなんしかおらんのかこのゲームのユーザー》といった声が続出している。

イジリとイジメを区別できないキッズたちによって、ゲームの楽しみを奪われつつある川島。なんとか運営が対処してくれればいいのだが…。

文=「まいじつエンタ」

【画像】

Atstock Productions / PIXTA

【あわせて読みたい】