アニメ『ワートリ 3rdシーズン』第5話に梶裕貴も興奮! 千佳が「メテオラ」を披露…

アニメ『ワートリ 3rdシーズン』第5話に梶裕貴も興奮! 千佳が「メテオラ」を披露…

『ワールドトリガー』23巻(葦原大介/集英社)

大人気SF アクションアニメ『ワールドトリガー 3rd シーズン』(テレビ朝日系)の第5話『無双』が、11月6日深夜に放送。「三雲隊」雨取千佳がとんでもない威力の「メテオラ」を放つシーンがあり、度肝を抜かれる視聴者が続出している。

※アニメ『ワールドトリガー』最新話の内容に触れています

「B 級ランク戦ROUND7」もいよいよ終盤。「三雲隊」(玉狛第二)は、遊真とヒュースのコンビが存分に力を発揮し、「鈴鳴第一」のエース・村上を討ち取ってみせた。隊長の三雲修は落とされてしまうものの、優位には変わりがない。

いよいよ残るは「三雲隊」と「東隊」のみ。1点でも多く点が欲しい「三雲隊」にとって、時間切れは絶対に避けたいところだ。しかし隠密タイプの「東隊」隊長・東は、ダミービーコンによっていやらしく揺さぶりをかける。

状況を打破するため、修は千佳に「メテオラ」による爆撃を指示。しかし、ダミービーコンを吹き飛ばすつもりで放った千佳の一撃が想定以上の爆発を引き起こし、ショッピングモールの半分と「東隊」の1人を吹き飛ばしてしまうのだった…。

“チカオラ”の威力がヤバすぎると話題に…

今回、視聴者の間で話題になったのは、千佳が「メテオラ」を放つシーン。かわいらしい見た目から放たれる炸裂弾の威力は尋常ではなく、予想外の被害をもたらすことに。千佳の放ったメテオラ、略して〝チカオラ〟という愛称も生まれるほど話題となっていた。

あまりにド派手な千佳の攻撃に、視聴者からは《ちかちゃんのメテオラ、威力が暴力すぎて何回も見ちゃう。みんなのリアクションも良い》《チカオラがヤバすぎて大爆笑w 一人だけドラゴンボールの世界やん》《メテオラ爆破シーン、動きがつくと恐ろしすぎて草。奥寺が光に飲まれるシーン、ゴジラの熱線に焼かれる人みたいで爆笑したわ》といった驚きの声があがっている。

また、アニメに出演している声優陣も〝チカオラ〟に大興奮しているようだ。以前、千佳と戦ったこともある三浦雄太役の三野雄大は、《相変わらずとんでもない威力ですね…(2ndシーズンを思い出しながら)》とツイート。三雲修役の梶裕貴は、《トリオンモンスター!!!!!》と絶叫していた。

また、千佳役の田村奈央自身も、《千佳ちゃんのメテオラってすごい威力だなぁと改めて感じました》と驚きを露わにしている。

今までは緻密な頭脳戦が描かれていた分、すべてを破壊するような「チカオラ」のインパクトが格別際立ったのかもしれない。視聴者も声優陣も歓喜してやまない神回となったが、今後も千佳の活躍シーンが楽しみだ。

文=Tら
写真=まいじつエンタ
■『ワールドトリガー』23巻(葦原大介/集英社)

◆過去のアニメ「ワートリ」レビューはこちら

【あわせて読みたい】