小倉唯を抜きすぎ!?『FNS歌謡祭』ウマ娘ライブに「結局は顔か…」

小倉唯を抜きすぎ!?『FNS歌謡祭』ウマ娘ライブに「結局は顔か…」

小倉唯を抜きすぎ!?『FNS歌謡祭』ウマ娘ライブに「結局は顔か…」 (C)PIXTA

12月1日に放送された『2021 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)に、『ウマ娘 プリティーダービー』の声優陣7名が出演。しかし、マンハッタンカフェ役の小倉唯のアップが多く、《結局は声優も顔か…》などと言われてしまっている。

今回小倉の他に出演した声優は、高野麻里佳(サイレンススズカ役)、Machico(トウカイテイオー役)、田所あずさ(シンボリルドルフ役)、徳井青空(テイエムオペラオー役)、青木瑠璃子(エアグルーヴ役)、花井美春(ツインターボ役)といったメンバー。彼女たちはお揃いのコスチュームに身を包み、『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』のOPテーマ『ユメヲカケル!』を歌唱した。

前列3人、後列4人のフォーメーションで、センターはアニメの主人公・トウカイテイオーを演じたMachico。そしてその両サイドに高野と小倉が配置されていたのだが、美人声優で知られるこの2人がアップで抜かれることが多く、《とりあえず顔いいのアップにしとけの精神》《ルックスで前後決めてて草》《高野麻里佳と小倉唯ばっかり抜き過ぎだろ》《小倉唯のごり押し感が否めない》などと突っ込まれていた。

アニメでは“レアキャラ”のマンハッタンカフェ

たしかに小倉はアイドル顔負けのルックスを持っており、実際に『ハロー! プロジェクト』のオーディションを受けたこともあるのだとか。ただ、彼女が演じるマンハッタンカフェはアニメ『ウマ娘』第2期には出演しておらず、OVAや『うまよん』にちらっと登場した程度。そのためアニメ1期で大活躍したサイレンススズカ役の高野や、2期で主役だったトウカイテイオー役のMachicoと並んでいることに、違和感を覚える人が多かったのだろう。

ただ、テレビ的にはルックスが良いメンバーをなるべく画面に映したいのは当然。実際に視聴者からは、《カメラワークお前分かってんなァ!?って感じだった》《小倉唯ちゃんかわいすぎでは?》《やはりカフェの小倉唯さんが前列なのは大天使だからだろうな》《小倉唯ちゃんが世界一かわいいよ》といった声もあがっており、小倉を重点的に映したカメラワークは正解だったのかもしれない。

また、アニメでは出番に恵まれなかったマンハッタンカフェだが、ゲーム版では彼女が主役の育成ストーリーを楽しめるので、決して脇役というわけでもない。そもそも『ウマ娘』に脇役はいないので、小倉が例えセンターだったとしても、なんの問題もないはずだ。

文=大上賢一

【画像】

vershinin89 / PIXTA

【あわせて読みたい】