『ルパン三世 PART6』15話 次元の“元カノ”の運命は? 歴代ヒロインの凄惨な死…

『ルパン三世 PART6』15話 次元の“元カノ”の運命は? 歴代ヒロインの凄惨な死…

『ルパン三世 PART6』15話 次元の“元カノ”の運命は? 歴代ヒロインの凄惨な死… (C)PIXTA

アニメ『ルパン三世 PART6』(日本テレビ系)の第15話『祝福の鐘に響けよ、銃声』が、1月22日深夜から放送された。今回は次元大介の元恋人が登場し、切ないラブストーリーが描き出されることに。その内容は、ファンの予想を大きく裏切るものだったようだ。

※アニメ『ルパン三世』最新話の内容に触れています

ある時、ルパンはフェルナン伯爵の花嫁に贈られる宝石「マルセイユの涙」を狙っていた。そこで次元は伯爵の花嫁・ミレーヌが、かつて自分を助けてくれ、恋人のように過ごしていたことのある女性だと気づく。

昔を思い出し、次元がミレーヌの様子を見に行くと、そこにはジャッカルと呼ばれる営利誘拐のプロの影が。次元は人知れずミレーヌを守ろうと奮闘するも、ジャッカルは結婚式当日も乗り込んでくる──。

今回メインとなっていたのは、次元とミレーヌのロマンチックな過去。2人はともに想いあっていたようで、ミレーヌはその後も未練を引きずっていたようだ。次元はそれを理解しつつも、彼女が普通の人生に戻っていくところを見守るのだった。

次元の恋人は死亡率が高すぎる?

次元はなかなかのプレイボーイで、元恋人や想い人が登場する話が少なくない。アニメシリーズのPART2やPART3、テレビスペシャル『ルパン暗殺指令』、スピンオフ作品『峰不二子という女』などにも登場している。しかし歴代のヒロインは半数ほどが死亡しており、ファンの間では「次元の女はだいたい死ぬ」と言われてきた。

しかもその散り様も、バイオレンスなものばかり。PART2の第76話で登場するヒロインは、地雷に当たって死亡していた。また「峰不二子という女」2話のヒロインにいたっては、次元に撃ち殺されることを望んで死ぬという壮絶なラストを迎えている。

今回のヒロイン・ミレーヌに関しても、放送前には《次元回のヒロインってだけで心臓に悪い》《絶対死ぬフラグでしょ…》などと囁かれていたようだ。ところが結果としては、無事に生き残るという意外な展開に。

ちなみにこれまでのシリーズでは、次元に恋心を示したヒロインはほぼ確実に死ぬと考えられてきた。ミレーヌは明らかに愛情を示していたので、その意味でもレアなケースと言っていいだろう。

これ以上犠牲者が増えてしまえば、次元が死神扱いされてしまう可能性も。パターン破りではあったものの、結果的には幸いだったのではないだろうか。

文=ゴタシノブ

【画像】

Benzoix / PIXTA

◆過去のアニメ「ルパン三世 PART6」レビューはこちら

【あわせて読みたい】