城門 まもる
30代ライターです。そろそろ結婚したいので、女心を学んでいこうと思います。副業やビジネスにも興味あり。

城門 まもるさんの記事一覧

『ウマ娘』カレンチャン声優“元カレ”バレ? ファンの脳が破壊されなかった理由

大人気スマホアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』のカレンチャン役を演じている声優・篠原侑が、面倒な騒動に巻き込まれている。ツイッター上で突如として、元カレを名乗る人物が出現したのだ。 篠原は11月25日、VTuberグループ『ホロライブ』によるライブイベント『HOLOLIVE FANTASY 1st LIVE FAN …

つづきを見る

TV版『鬼滅の刃・無限列車編』第6話“煉獄vs猗窩座”開幕も… 新規カットに不満の声

TVアニメ版『「鬼滅の刃」無限列車編』(フジテレビ系)の第6話『猗窩座』が、11月21日に放送された。メインディッシュともいえる猗窩座と炎柱・煉獄杏寿郎の戦いがついにスタートしたが、視聴者は「新規カットの少なさ」に不満を抱いているようだ。 ※TV版『鬼滅の刃・無限列車編』最新話の内容に触れています 下弦の壱・魘夢の弱点…

つづきを見る

TV版『鬼滅の刃・無限列車編』第5話“ぜんねず”ファン歓喜!「善逸かっこいいねぇ」

TVアニメ版『「鬼滅の刃」無限列車編』(フジテレビ系)の第5話『前へ』が、11月14日に放送された。我妻善逸が竈門禰󠄀豆子のピンチに駆けつける一幕があり、ファンから喜びの声があがっている。 ※TV版『鬼滅の刃・無限列車編』最新話の内容に触れています 無限列車と一体化した下弦の壱・魘夢を倒すべく、奮闘する竈門炭治郎たち。…

つづきを見る

『真・女神転生V』の海外レビューが炎上!「心のないペルソナ」評に国内ゲーマーも激怒

日本のみならず、海外でも大きな注目を集めていたアトラスの最新作『真・女神転生V』が11月11日に発売された。同作は発売に先駆けて先行レビューが解禁されており、多くのメディアが記事を投稿。そんな中、海外の大手ゲームメディア『IGN』が投稿した記事が「にわかすぎる」と物議を醸している。 「IGN」のレビュー記事をざっくりと…

つづきを見る

TV版『鬼滅の刃・無限列車編』第4話 花江夏樹の“名演技”炸裂!「涙が出てしまう」

TVアニメ版『「鬼滅の刃」無限列車編』(フジテレビ系)の第4話『侮辱』が、11月7日に放送。竈門炭治郎役の声優・花江夏樹が命を燃やすような名演技を披露し、心を打たれる視聴者が続出している。 ※TV版『鬼滅の刃・無限列車編』最新話の内容に触れています 下弦の壱・魘夢の術中に陥り、眠ってしまった炭治郎たち。各々が良い夢を見…

つづきを見る

TV版『鬼滅の刃・無限列車編』第3話“次回予告”に絶賛の声!「再会できるのは感動」

メガヒットアニメ映画を再構成したTVアニメ版『「鬼滅の刃」無限列車編』(フジテレビ系)の第3話『本当なら』が、10月24日に放送。次回予告にて視聴者の予想を裏切るようなシーンが描かれており、驚きの声があがっている。 ※TV版『鬼滅の刃・無限列車編』最新話の内容に触れています 前回、下弦の壱・魘夢の術中に陥り、眠ってしま…

つづきを見る

『鬼滅の刃』ファンの民度が壊滅的?“選挙特番”にバッシング殺到「私たち関係ないじゃん!」

来たる「第49回 衆議院議員総選挙」の投開票に向けて、フジテレビは10月31日に特番『Live選挙サンデー』を放送することを発表。これによりTVアニメ版『「鬼滅の刃」無限列車編』の放送が休止されるということで、アニメファンがザワついている。 『「鬼滅の刃」無限列車編』は、大ヒットを記録した劇場版のストーリーを再構成した…

つづきを見る

TV版『鬼滅の刃・無限列車編』第2話LiSAの新主題歌が物議…「胸が痛い」「ザワついた」

10月17日に放送されたTVアニメ版『「鬼滅の刃」無限列車編』(フジテレビ系)の第2話『深い眠り』にて、同作のOPとEDが初オンエアされた。どちらも同シリーズでお馴染みのLiSAによる楽曲なのだが、ネット上では意外な反応が巻き起こっているようだ。 ※TV版『鬼滅の刃・無限列車編』最新話の内容に触れています 第2話で描か…

つづきを見る

TV版『鬼滅の刃・無限列車編』煉獄さん生存の可能性? 原作改変に期待の声

メガヒット映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を再構成したTVアニメ版が、フジテレビ系で10月10日から放送スタート。第1話が人気キャラクターの煉獄杏寿郎を掘り下げたオリジナルエピソードだったため、一部のファンからは「ifルート」を熱望する声があがっているようだ…。 ※『「鬼滅の刃」無限列車編』原作の内容に触れています…

つづきを見る

『バイオハザード7』の路線変更は本当に正しかった? 初導入の“FPS”に賛否両論

2017年に発売された『バイオハザード7 レジデント イービル』(以下、バイオ7)が、同シリーズで初となる全世界の売上本数1,000万本を突破。ジワジワと売れ続けている同作だが、そこで導入された“路線変更”は本当に正しかったと言えるのだろうか? 「バイオ7」は、バイオハザードに見舞われたベイカー農場が舞台。主人公のイー…

つづきを見る