最新記事一覧

Cute little kitten relaxing on red apples in the garden

最強の熟女アナ・中田有紀「刷れば売れる」カレンダー&写真集出版

フリーアナウンサーの中田有紀(42)が、11月13日に自身がMCを務める早朝の情報番組『Oha4! NEWS LIVE』(日本テレビ系)内で、入籍と妊娠を発表した。 今夏に結婚していたとはいえ、その人気は衰え知らず。2016年用のカレンダーも売れ行き絶好調で、推定刷り部数は3万部以上だという。 中田は年齢が40代ながら…

つづきを見る

ケチ虎が札束で挑む?アニキ金本が企てる松田&藤川「W強奪」

金本知憲新監督(47)を誕生させた阪神タイガースだが、日本シリーズが終わるや否や、次の一手に動いた。2年連続日本一に輝いたソフトバンクの松田宣浩内野手(32)の獲得に乗り出したのだ。 松田は今季全試合に出場し、打率2割8分7厘、35本塁打、94打点。今季が2年契約の最終年でFA資格を有していることから、新生阪神の顔を託…

つづきを見る

世界一の美尻を決める「ミス・ブンブン・ブラジル」とは

ブラジル・サンパウロで11月上旬、世界最高のセクシー美尻決定戦『第5回ミス・ブンブン・ブラジル』が行われた。“ブンブン”とはブラジルの俗語で尻という意味だ。 ブラジル全土からの15人の候補者の中からブラジリア連邦地区代表のスージー・コルテスさんが優勝した。賞金5万レアル(約162万円)と副賞として男性誌の表紙デビューを…

つづきを見る

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『さようなら』

汚染された世界の終末が、金髪ヒロインの哀愁ヌードとともに! 『さようなら』 ファントム・フィルム配給/新宿武蔵野館ほかで11月21日より公開 監督/深田晃司 出演/ブライアリー・ロング、ジェミノイドFほか 正直言って、私はパツキン女優好きであることを公言している。 おまけに、女優さんが脱いでくださることに無邪気に喜ぶタ…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】番外編 がんばれ!!田淵くん!!

11月初め、普段あまりテレビを見ない私が、たまたま昼間にスイッチを入れた。 するとトーク番組『ごきげんよう』(フジテレビ系)に小堺一機のアシスタントとして、局アナの田淵裕章君(34)が出演しているではないか。 彼はもともとアナウンサー志望でフジテレビに入社(2005年)した。台風の現場中継レポート、事件取材などをやって…

つづきを見る

世界中で大騒動!ネット公開された「エイリアンの死体」の正体は

ネット上に公開されたエイリアンの死体の写真が世界中で大騒動になっている。しかし本サイトが調査したところ、意外な正体が明らかになった。 画像を見ると、見たこともない生物の死体が芝生に横たわっている。吐き気を催すような醜悪な外見で、ぬるりとした皮膚。頭部とそれより細い胴部分、手はなく、2本の触手のような脚のみ。古いエイリア…

つづきを見る

3横綱に不安材料…大番狂わせな予感の「九州場所V」はあの日本人力士?

今年の最後を飾る九州場所が11月8日から福岡市の福岡国際センターで始まっている。 九州場所といえば、終わりよければすべてよし、と力士たちの動きにもいつも以上に気合いが入り、熱気に溢れた場所になることが多い。だが、今年は優勝ラインが下がり、意外に低調な場所になるかもしれない。 元気であれば優勝争いの大本命になる白鵬(30…

つづきを見る

マツコ、ミッツはもう古い?時代は「ビアンオネエ」到来へ

最近よく『LGBT』という単語を耳にする。 これは『レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー』の略称で、性同一性障害や、後天的な同性愛者など、体と意識的な性に相違がある人たちを総称する。 この単語を耳にする機会が増えたのには、11月5日に東京・渋谷区で全国初の『同性パートナーシップ条例』に基づき、初の証明書…

つづきを見る

beautiful couple walking

最高裁判決は?「夫婦別姓」「再婚禁止」問題のメリット・デメリット

去る11月4日、民法で定めた“夫婦別姓を認めない”、“女性は離婚後6カ月間、再婚できない”という2つに規定に対する訴訟、上告審弁論が最高裁の大法廷で開かれた。 この裁判は簡単にいうと、なぜ夫婦が同じ姓を名乗らなければならないのか。なぜ女性は離婚から半年間入籍してはいけないのか……。これを“違憲”だとして、原告が国を相手…

つづきを見る

グラスゴーの敵をリオで討つ!「サッカー日本代表潰し」に向けられた中国マネー

イギリスで開催された『体操世界選手権2015』で内村航平(26)を始めとする日本代表が、団体総合で37年ぶりの金メダルを獲得した。 このことは日本でも大きく報じられたが、敗れた“体操大国”の中国(3位)の反響はもっと大きかった。 「中国では体操の代表メンバーを『ドリームチーム』と呼んでいました。1994年から昨年まで、…

つづきを見る