最新記事一覧

SMAPの解散で思わぬ大人気ぶりを見せる「ものまねSMAP」

『SMAP』解散を悲しむファンは多いが、一方で思わぬ特需が舞い込んだのが『ものまねSMAP』というグループだ。 ものまねSMAPはスズケン(香取慎吾役)、ヒデ(中居正広役)、ジゴロー(稲垣吾郎役)、元木敦史(木村拓哉役)、よっしー(草彅剛役)の5名によって、8年ほど前に結成された。ものまねタレントはスズケンと元木だけで…

つづきを見る

アメリカが「エイリアンの人食い基地」建設中か!?

人食いエイリアンの基地が、アメリカのニューメキシコ州の僻地に建設中だという。しかも何と、これは公式記録に記されていることなのだ。 アメリカ農務省は、森林局によって管理されている土地に関する膨大なファイルを公開した。そこにはエイリアンやUFOの活動と思われるような奇妙な証拠も含まれている。 エイリアンやUFOに関する機密…

つづきを見る

金正男暗殺は当初の「ハニートラップ作戦」を断念していた!?

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男が、マレーシアで殺害された事件で、韓国メディアは《殺害に致死性の高い『VXガス』が使われた可能性がある》との見解を報じた。 一方で、「あれは当初の計画だと、ベッド上に誘い込んで毒を盛る計画だった」という説が浮上している。現地の通信記者が次のように話す。 「正男の宿泊して…

つづきを見る

人気の女芸人ブルゾンちえみの両脇にいるイケメンは誰?

キャリアウーマンに扮したネタで、「35億」の決め台詞が好評で人気になった女芸人のブルゾンちえみ。まだ26歳で、芸歴も2年の若手だが《上半期の“主役”はほぼ当確か?》という記事が出るほど、多くのテレビ番組に出演するようになってきている。そんななか、女優の川口春奈がテレビ番組の中でブルゾンのものまねをしたことが話題になった…

つづきを見る

大坂なおみの「国籍」を奪い合う日米両テニス協会

テニスの国別対抗戦『フェド杯』の女子アジア・オセアニアゾーン1部決勝が2月11日に行われ、日本はカザフスタンに敗れたため、4月のワールドグループ2部への入れ替え戦には進めなかった。しかし、今回の日本代表メンバー4名のうち、大坂なおみだけは唯一の勝利を収め、実力をしっかりと見せつけた。 この結果を受けて、以前から大坂の才…

つづきを見る

フジテレビ生野陽子アナのフリー転身の噂に対する「証言」

フジテレビの生野陽子アナウンサーの独立が、いよいよ現実味を帯びてきたと囁かれている。彼女は言わずと知れたフジテレビの看板アナウンサーだが、いまや局の方向に嫌気が差し、独立して再出発する可能性が高いというのだ。 「最近、画面で見る生野アナは、どこかつまらなそうなんです。仕事に覇気がないというか。そのため今年に入ってから、…

つづきを見る

大谷翔平につきまとうアラフォー子連れストーカー

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平のモテモテぶりが尋常ならざるものになった。世間一般では、女子アナの“接近狙い”の取材が迷惑だといわれているが、その世間一般からも異様なラブコールを送る女性が現れたのだ。 この女性、165km/hの剛速球でも受け止めてしまうようなスゴイ心の持ち主。『週刊新潮』2月9日号にも報じられてい…

つづきを見る

出家の清水富美加がハリウッドへ進出して海外伝道師の道へ

宗教団体『幸福の科学』に出家した女優の清水富美加が、2月12日にツイッターを更新し、芸能事務所を批判した。 力ある大人の怖い部分を見たら 夢ある若者はニコニコしながら 全てに頷くようになる。 そんな中ですり減って行く心を 守ってくれようとしたのは 事務所じゃなかった。 — 清水富美加 (本名) (@sengen777)…

つづきを見る

金正恩の真の暗殺ターゲットは金正男の息子「金漢率」か

金正男の殺害のニュースを受け、フランスのパリ政治学院に留学中とされる正男の息子、金漢率(キム・ハンソル)氏に身の危険が迫っている。 その理由は、“ナンバー2の存在は絶対に認めない”とする、金正恩朝鮮労働党委員長が実の兄に手を掛けた今回の件の動機にある。正恩の独裁のために最も邪魔な存在になるであろう人間は、賞味期限の切れ…

つづきを見る

金正男暗殺の背景にあった米国と中国による「金正恩排除計画」

北朝鮮の故金正日総書記の長男、金正男氏が殺害された事件の背景には、“核のドミノ現象”を避けたい思惑で一致しているアメリカと中国が水面下で進めていた、金正恩暗殺計画の頓挫があるのではないか。 「アメリカ軍は昨年、要人を暗殺する“斬首作戦”を実行してきた特殊部隊を韓国入りさせ、すでにスタンバイは完了したとされます。一方の中…

つづきを見る