芸能

『乃木坂46』1期生“大量卒業“で下り坂! 3・4期生は知名度皆無か…

2011年の結成以来、長らくトップを走り続けてきたアイドルグループ『乃木坂46』。しかし近年は人気メンバーの卒業が相次ぎ、かつて一世を風靡した『AKB48』のような道を歩み始めている。 ここ最近の「乃木坂46」といえば、1期生としてグループを支えてきた人気メンバー・生田絵梨花の卒業が一大トピックとなっている。また同じく…

つづきを見る

セクシー業界に参入も…元『AKB48』メンバーたちの悲惨すぎるその後

2010年代に時代を築いた『AKB48』とその関連グループだが、卒業後も活躍できるのはごくわずか。前田敦子・大島優子・高橋みなみ・篠田麻里子といった過度な礼賛を受けていた者ですら、現在は第一線で活躍できていない。 しかし、「たまにはメディアで見かける」という意味で、彼女たちはまだ恵まれている方だろう。その大半は、グルー…

つづきを見る

『欅坂46』元メンバーの現在が悲惨…爆死&スキャンダルでボロボロ

明暗がくっきりと分かれてしまっている『欅坂46』(現・櫻坂46)の卒業生たち。今も第一線で活躍している人物といえば、俳優の平手友梨奈、タレントの長濱ねるが思い浮かぶ。では、その他の元メンバーはどんな状況なのだろうか。 「欅坂46」の一期生として活躍し、2020年1月にグループを卒業した織田奈那は、2021年11月4日に…

つづきを見る

高岡早紀、常盤貴子が50歳に! 1972年生まれの女性芸能人が美魔女すぎ…

一般人とは一線を画す〝美貌〟の持ち主が多い芸能人を見て、「芸能人はいつまでも美しい」と考える人は少なくないはず。2022年に50歳を迎える1972年生まれの女性芸能人の顔ぶれを見ると、特にそれが感じられるだろう。 2021年5月に初のエッセイ本『魔性ですか?』を出版し、デビュー当時から常に前線を走り続ける人気俳優の高岡…

つづきを見る

宮迫博之の“悲劇的な”2年間…ヒカルと絶縁、息子への“馬乗り暴行”も発覚

2019年から2021年にかけて常に世間を賑わし、ニュースになるたび反感を買ってきた元『雨上がり決死隊』の宮迫博之。なぜここまで世間から嫌われてしまったのか、ここ2年にわたる彼の軌跡を辿ってみよう。 コトの発端となる〝闇営業問題〟が発覚したのは、2019年の6月。宮迫は振り込め詐欺グループの忘年会に出席し、金銭を受け取…

つづきを見る

錦鯉『M-1』優勝はコウメ太夫のおかげ!? お笑い界の吉本一強を覆す事務所の存在

日本の〝お笑い〟といえば、誰もが『吉本興業』に所属している芸人のことを思い浮かべるだろう。ところが近年はそのイメージが覆されるように、ある芸能事務所の芸人が頭角を現している模様。それは大手の『松竹芸能』や『ワタナベエンターテインメント』でもなく、『ソニー・ミュージックアーティスツ』通称〝SMA〟の芸人たちだ。 「SMA…

つづきを見る

綾瀬はるか、浜辺美波、江頭2:50…好感度がガタ落ちした芸能人たち

芸能人が活躍する際には、好感度の高さが必要不可欠。しかし、判断を一歩でも間違えると、好感度は急降下してしまうようだ。好感度の高い芸能人の筆頭である綾瀬はるかは、新型コロナウイルス感染時に、好感度が下がってしまったようだ。 綾瀬は2021年8月に抗原検査を受けたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が出て、自宅療養すること…

つづきを見る

谷原章介“死産”へのコメントが大炎上! お茶の間が凍り付いた生放送の失言集

テレビの生放送は、収録と違って不適切な発言をカットできず、出演者のコメント力が試される。しかし、朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)でMCを務める谷原章介は〝失言〟が慣例化しているようだ。 『とくダネ!』の後番組として注目された同番組だが、炎上することもしばしば…。もっとも炎上を招いたのは、6月9日の放送で取り上…

つづきを見る

松田聖子、高木美保、麻木久仁子も! 2022年に“還暦”を迎える芸能人たち

1970年代や80年代にデビューを果たした芸能人の中には、2022年に60歳の誕生日を迎える人も少なくはない。60歳といえば〝還暦〟の年でもあり、第一線を退くイメージがある。しかし〝芸能人は別格〟であることを象徴する人が存在する。そこで今回は、2022年に60代へ突入する女性芸能人をご紹介していこう。 「聖子ちゃん」の…

つづきを見る

逮捕者も続々… 元『AKBグループ』少女たちの悲惨すぎるその後

2010年代に時代を創ったものの、2019年の『NGT48』襲撃事件で世間・関係者の不信を買い、今やすっかりオワコンの懐かしアイドルとなってしまった『AKB48』と姉妹グループたち。この凋落を象徴するように、元メンバーたちも悲惨な今を辿っている。 最も記憶に新しいのは、2021年12月2日に懲役1年6カ月、執行猶予4年…

つづきを見る