社会

Businessman recieving the money offered by businessman on dark b

警察の山口組壊滅作戦か…日本大学名誉教授と元最高幹部の「黒い交際」リーク

日本最大のマンモス大学である日本大学の名誉教授Y氏(77)が、指定暴力団『山口組』の元最高幹部から海外事業資金として2000万円を借りていたことが明らかになった。 これによって、教育者と暴力団の“黒い交際”が社会問題に発展している。 「この元山口組最高幹部は、去年10月に上場したリクルートに株主権確認請求訴訟を起こし、…

つづきを見る

郵政上場で「クロネコいじめ」ヤマトHDを襲う買収の魔の手

郵政上場で一番儲けたのは実は財務省だ。 上場によって日本郵政自身も成長に向けた資金を手にしたように見えるが、実はそうではない。日本郵政は調達資金で、自社株を政府から取得することになっている。 そのため、今回の3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)同時上場で市場から吸い上げた1兆4362億円は、ほぼ全額が政府の懐に入…

つづきを見る

Hotel Bed & Night Table

年末に御用心!歌舞伎町「恐喝レンタルルーム」ぼったくりの手口

「写真と違うよ!」男性の言葉に耳を貸さず、巨漢女が脅し取った金額は5万円。レンタルルームでの“ぼったくり”はまるでマンガの世界だ。 11月4日、東京都中野区に住む無職の下谷内(しもやうち)雪江容疑者(30)は、警視庁に恐喝の疑いで逮捕された。 9月27日午前2時30分ごろ、新宿区歌舞伎町にあるレンタルルームにサービスを…

つづきを見る

世界一の美尻を決める「ミス・ブンブン・ブラジル」とは

ブラジル・サンパウロで11月上旬、世界最高のセクシー美尻決定戦『第5回ミス・ブンブン・ブラジル』が行われた。“ブンブン”とはブラジルの俗語で尻という意味だ。 ブラジル全土からの15人の候補者の中からブラジリア連邦地区代表のスージー・コルテスさんが優勝した。賞金5万レアル(約162万円)と副賞として男性誌の表紙デビューを…

つづきを見る

暴力団「診療報酬」詐欺事件の裏に病んだ社会の三重苦

広がる格差、赤字病院増加、暴力団排除条例…診療報酬を巡る詐欺事件の闇は深い。 11月6日、警視庁組織犯罪対策4課は詐欺の疑いで指定暴力団住吉会系組長・三戸慶太郎容疑者(49)、接骨院(東京・杉並区)を開いていた辺土名朝紀容疑者(35)ら計14人を逮捕。翌7日には、新たに2人を逮捕している。 三戸容疑者らの直接の逮捕容疑…

つづきを見る

猥褻目的!スナックママの部屋に降ってきた「クモ男」の執念

「部屋の天井から強姦魔が降りてくる」 まるで江戸川乱歩の世界だ。 惚れ込んだ女性が住むマンションの部屋の真上に部屋を借り、床に穴を開けて侵入。女性の帰宅を待ち構えて襲いかかったという、何とも情けない男が逮捕された。 住居侵入、強制わいせつ致傷の容疑で茨城県警つくば中央署に逮捕されたのは、つくば市の会社員、佐藤忠人(まさ…

つづきを見る

これも世界遺産?高齢者スリ逮捕急増の裏に廃れゆく「通り名」の技

高齢のスリが逮捕されまくっている。 兵庫県警は11月上旬、西宮市のショッピングセンターで無職女性(79)のバッグから財布を盗んだとして、窃盗容疑で同県西宮市老松町の無職、阪本しげ子容疑者(68)を現行犯逮捕した。同容疑者は容疑を認めている。 阪本容疑者は約50年前からスリを繰り返し、これまでに約20回も同容疑で検挙され…

つづきを見る

巨大地震・大津波で大惨事の懸念!横須賀基地に「浮かぶ原発」と「潜る原発」 

原発事故は発電所に限ったことではない。原子力空母や潜水艦の事故でも同じようなことが起こる。原子炉が傷ついたり、一次冷却水が漏れたりしたら一気に放射能汚染が広がるのだ。その危機がいま横須賀米海軍基地にある。 「東京湾は津波の心配はあまりないと言われてきましたが、1605年の慶長地震の際は、かなりの津波被害があったようです…

つづきを見る

「偽装のデパート」東洋ゴム 11.12臨時株主総会は大荒れ必至!

“お騒がせ企業”の代名詞『東洋ゴム工業』が11月12日、大阪で臨時株主総会を開く。 不祥事が相次ぎ、企業ブランドが大きく毀損していることから、関係者は「大荒れ必至。経営陣が株主からつるし上げを食うのではないか」との厳しい見立てで一致する。 東洋ゴムは今年3月に免震ゴムのデータ改ざん問題が発覚した。 全国各地のマンション…

つづきを見る