プロ野球

えっそれは…怪我多い大谷翔平に「あの名選手にそっくり」の声

4月17日から左大腿二頭筋肉離れで戦線を離脱している北海道日本ハムファイターズの大谷翔平は、二軍施設のある千葉県鎌ケ谷市でリハビリを行っている。故障個所に痛みが生じるか否かを探るように、慎重にエアロバイクをこいでいた姿には、左のひざ裏周辺には内出血による赤紫色のあざがあったという。 球団は練習再開まで6週間と発表してい…

つづきを見る

次は誰だ!? 加藤綾子が「取材」をダシに狙う野球選手

フリーアナウンサーの加藤綾子がどの男性に狙いを定めているのか、芸能メディアの関心が高まっている。 「去年、ジュエリーのPRイベントに出席した際、『彼氏はいません』、『募集中です』と公言していますが、相手が見えてきません。当初は、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平が有力だったのですが、加藤が昨年に大谷を取材したとき、途…

つづきを見る

王貞治が東京五輪を見越して「コミッショナー就任」か

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が盛況に終わったことで、棚上げしていた問題に着手するときが来たようだ。 「今回のWBCは興行的に大成功と言っていいでしょう。2次ラウンドまでの予選で、その観客動員数は60万人を超えました。前大会は約40万人。侍ジャパンの世界一奪回はなりませんでしたが、開催期間中の国内…

つづきを見る

大谷翔平の今オフMLB挑戦に暗雲

今オフのMLB移籍が伝えられる北海道日本ハムファイターズの大谷翔平に、意外なところから“待った”が掛かった。 「MLBの30球団も“発言の真意”を確認しています。日本にもその波紋は遅かれ早かれ及ぶものと思われます」(アメリカ人ライター) 真意が問われた発言とは、2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次…

つづきを見る

今年が「タイムリミット」女子アナの大谷翔平争奪戦

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)も終わり、いよいよプロ野球が開幕した。 WBCを欠場した北海道日本ハムファイターズの大谷翔平は、オープン戦で4本塁打を放ち、投球はまだ完全に出来ないながらも、打つことに関してはしっかりと調子を上げているようだ。 「大谷の打球の飛距離は、去年より伸びているような気がしま…

つづきを見る

侍ジャパンWBC敗退にふたつの要因

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝ラウンドの準決勝で、野球日本代表『侍ジャパン』はアメリカと対戦し、1-2で敗れた。試合終了後、小久保裕紀監督は「力を尽くしてくれた。選手たちはよくやってくれた。感謝したいと思う」と敗戦の弁を述べた。 侍ジャパンの準決勝敗退には、これまでにないふたつの要素が絡んでい…

つづきを見る

各選手が「WBCの制約」を抱えるなかで名采配を見せたアメリカ

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝ラウンドでアメリカは野球日本代表『侍ジャパン』を2-1で下し、決勝へと駒を進めた。 アメリカのジム・リーランド監督がこの準決勝を前に、昨季ピッツバーグ・パイレーツとワシントン・ナショナルズで活躍した投手のマランソンを追加招集した。マランソンは昨季47セーブを挙げて…

つづきを見る

WBC観客増が五輪の野球復活を後押しか

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、これまで以上に盛況であるため、野球・ソフトボール競技が正式に五輪で復活する可能性が出てきたという。 「2次ラウンドを終えた時点でのWBCの観客動員数は約60万人。前回大会の同じ時点では約40万人だったので、今大会は興行面で成功したと言っていいでしょう」(米国人ライ…

つづきを見る

WBCは「適応能力」が勝敗を分ける

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の観客動員数は、すでに60万人を超えたという。前売り券の売上げ状況から見出した計算ではあるが、WBCは大会回数を重ねるごとに認知度を上げ、野球ファンを拡大しているようだ。 「侍ジャパンと対戦したキューバ、オーストラリア、中国、オランダ、イスラエルの選手たちは、日本の応…

つづきを見る

MLBがなぜかNPBの公認球を導入することが内定

MLBは、今季から敬遠を“申告制”とし、投手が意思を示せば打者を一塁に歩かせることができるようになる。ストライクゾーンも、これまでの“膝頭の下”から“膝頭の上”に変更される。一昨年には、走者と野手の衝突事故を防ぐためのコリジョンルールが加えられた。 「今回のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、敬遠に関する…

つづきを見る