『プロセカ』運営がiOS16に注意喚起!「音ゲーはAndroid」の時代が到来!?

『プロセカ』運営がiOS16に注意喚起!「音ゲーはAndroid」の時代が到来!?

『プロセカ』運営がiOS16に注意喚起!「音ゲーはAndroid」の時代が到来!? (C)PIXTA

9月13日より、iPhone向けに最新アップデートの『iOS16』がリリースされたが、“とある仕様”によってゲームプレイに不具合が発生。中でも「音ゲー」や「リズムゲー」で致命的な問題になっているらしく、複数のタイトルで注意喚起が行われている。

便利機能がまさかの落とし穴に

騒動の原因となったのは、「iOS16」で実装されたマルチタップに纏わる新機能。3カ所を同時にタップするとツールバーが表示されるようになったのだが、ゲーム中にも反応してしまうため、プレイの邪魔になっているのだとか。

たとえば、音ゲーでは上から振ってくるノーツが見えづらくなってしまうように。2本指で操作する分には問題ないのだが、上級者は楽曲の難所へ対応するために3本指を主流にしているため、まさに相性最悪なアップデートとなってしまったわけだ。

実は、「iOS13」の頃から似たような問題が一部で確認されていた様子。3本指以上の操作でノーツをタップすると反応が悪くなるという報告が当時相次いでおり、こちらは不具合だったのか、「iOS13.1」にて修正された。

しかし今回、ふたたび同じような問題が復活。しかもアプリ側では対応できない仕組みらしく、『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』や『あんさんぶるスターズ!!』、『Arcaea』など、人気アプリの公式アカウントが続々と注意喚起。「iOS16」へのアップデートを控えるように呼びかけている。

iPhoneは音ゲーに向かない?

スマートフォン向けの音ゲーについては、以前からiPhone派とAndroid派で論争が起きがち。何かとトラブルを起こすiPhoneだが、基本的には音ズレなどの遅延が少ないと評価されており、どちらかというと多数派だった。

実際、音ゲーマーの間でも《Androidだと高い端末しかゲーム満足にできない》《音ゲーやる上でAndroidのスマホは代償がデカすぎる》《音ゲー用途だけはiPhone安定》といった声が上がっていた。Androidは端末による個体差が大きいらしく、音ゲーには不向きという評価が一般的だった印象だ。

しかし、たとえばGoogle Pixelシリーズに関しては、iPhoneよりも全体的なレイテンシーが小さいというデータも存在しているそう。そこにきて「iOS16」のトラブルまで重なってしまった。

「音ゲーするならiPhone」という共通認識があった音ゲー界隈だが、今後はAndroidの時代がやってくるのかもしれない…。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

Khosro / PIXTA

【あわせて読みたい】