スポーツ

オリックス糸井嘉男がFA宣言で移籍後に泥沼化する「人的補償」

プロ野球のオリックス・バファローズの糸井嘉男(35)がフリーエージェント(FA)権を行使した。今オフのFA選手のなかで、去就が最も注目されることは間違いなく、阪神タイガースが交渉に乗り出すのは確実といわれている。 阪神の金本知憲監督(48)は、8月27日の拡大編成会議の席上でも糸井の必要性を訴えるなどして、獲得に向け早…

つづきを見る

バレーボール木村沙織が引退を撤回する可能性

今季のプレミアリーグを最後に現役引退を表明しているバレーボールの木村沙織(30)。人気選手だけに、当然ながら今後の予想される動向にも注目が集まっている。 木村は引退後のことを明言していないこともあり、結婚してバレーボールから完全に離れるという説や、本サイト『まいじつ』が一早く報じたビーチバレーへの転向などが囁かれていた…

つづきを見る

フィギュアスケートのリプニツカヤが精神的ダメージと怪我で絶不調になった陰には羽生結弦が…

2014年ソチ冬季五輪のフィギュアスケート団体で大活躍し、金メダルを獲得したロシアのユリヤ・リプニツカヤ(18)が、グランプリシリーズ(GP)のロシア大会(ロステレコム杯:11月4~6日)で、最下位の12位に終わった。ショートプログラム(SP)では3位という好位だった彼女に何が起こったのか。 「フリーの途中で体のトラブ…

つづきを見る

レスリング吉田沙保里の至学館大副学長就任は衆院選出馬への伏線か

リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得した女子レスリングの吉田沙保里(34)が、11月1日に母校の至学館大学(旧・中京女子大学)の副学長に就任した。 かつては五輪で3連覇を果たし、2012年には国民栄誉賞を受賞している吉田が副学長に就任したことに異論を唱える者は少ないが、次のような意見もある。 「なぜ、いま唐突に副学長に…

つづきを見る

テニスで欧米勢を圧倒し始めた日本のアパレルメーカー

今シーズンのテニスの四大大会(グランドスラム)では、ウエアに限った話ながら日本ブランドが欧米勢に大きく水をあけた。 全米オープンの男子シングルス決勝では、ヨネックスのウエアを着たワウリンカ(スイス)が、ユニクロとスポンサー契約を結んでいる世界ランキング首位のジョコビッチ(セルビア)を破って優勝している。両選手と準決勝を…

つづきを見る

美人プロゴルファーのイ・ボミに「異例のオファー」か?

イ・ボミ(28)は日本で最も人気のある女子プロゴルファーだ。昨年度は、男女合わせての国内最高賞金額を獲得。現在、頭一つ抜け出た存在だと言っていい。 「鼻筋が通っていて、目力もある美人です。韓国の女性は一般的に気が強いのですが、イ・ボミは温和な性格で、内外で評判がいいです」(スポーツ評論家) 身長は158cmと小柄だが、…

つづきを見る

スキージャンプの高梨沙羅がいきなり垢抜けた真相

女子スキージャンプの高梨沙羅(20)がきれいになったと評判だ。 『週刊新潮』(10月20日号)はメーク分析まで行い、ここまで変われるものかという特集で整形疑惑を持っているほどだ。 同誌は「いくつかの高梨さんの写真を見ましたが、整形手術はしていないと思います」といった、美容外科医のコメントでフォローしながらも“作り込み”…

つづきを見る

浅田真央が流行語大賞を狙って「あの言葉」を再使用?

スポーツ界でも今年の流行語大賞が話題に挙がってきた。プロ野球関係者からは、広島東洋カープの優勝への快進撃から派生していった“神ってる”を推す声が多い。 この“神ってる”はノミネートはもちろん、スポーツ部門での受賞の可能性は高いと見られていたが、思わぬ難敵が現れた。 「浅田真央(26=中京大)がひと昔前に自身で流行させた…

つづきを見る

ドラフト指名で溝を深めた阪神タイガースのフロント陣と金本監督

阪神タイガースはこのオフこそが超変革の本番のようだ。 大型補強に打って出る予定で、オリックス・バファローズの糸井嘉男(35)をFAで獲得することが“既成路線”のように伝えられているが、それだけではない。 「横浜DeNAベイスターズの山口俊(29)の名前も報じられています。本来ならばドラフト会議で即戦力の投手を補強するつ…

つづきを見る

通算1000勝目前も満身創痍の横綱白鵬は綱取りに挑む豪栄道の壁になれるか?

10月31日に、今年の納め場所となる九州場所(11月13日初日=福岡国際センター)の番付が発表された。 注目は何と言っても先場所の覇者で、大関になって初めて東正大関の座についた豪栄道(30)だ。横綱に最も近い番付になり、今場所は綱取りに挑む。 対照的に、先場所前に右足首などを痛め、横綱になって初めて全休した白鵬(31)…

つづきを見る