岡田准一

岡田准一の新境地!“超凄腕の殺し屋”なのに変顔でヘタレる爆笑劇『ザ・ファブル』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ザ・ファブル』 配給/松竹 新宿ピカデリーほかにて全国公開 監督/江口カン 出演/岡田准一、木村文乃、山本美月、柳楽優弥、佐藤浩市ほか 岡田准一といえば、その硬派二枚目的ルックスのせいか、シリアスでストイックな役柄が多かったが、この新作は「こんな岡田准一、見たことない」と目を剥くほどの殺…

つづきを見る

岡田准一と『南キャン』山里の共演に激震!「元カレと現夫じゃないか…」

6月20日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)に、『V6』岡田准一がゲスト出演した。同番組で『南海キャンディーズ』山里亮太と共演したことに、視聴者からは「共演NGじゃないんだ」と驚く声が続出していた。 岡田は、自身が主演を務める映画『ザ・ファブル』の宣伝のため、山里が〝天の声〟としてナレーターを務めるクイズコーナー…

つづきを見る

岡田准一『白い巨塔』の“名演”が呼び水…「他にサバ読んでるのは誰?」

テレビ朝日系で5月22日より5夜連続放送されたスペシャルドラマ、山崎豊子さん原作の『白い巨塔』。主人公の外科医・財前五郎を演じた『V6』岡田准一に囁かれた〝迫力不足〟も何のその、終わってみれば全5話すべての視聴率が二桁を超え、全話平均で13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。 「ドラマは好評でしたね。岡田…

つづきを見る

『白い巨塔』岡田准一の財前に落胆の声「ただの小さいドヤ顔おじさん」

テレビ朝日の開局60周年を記念した5夜連続ドラマ『白い巨塔』が5月22日にスタートした。主演を『V6』の岡田准一が演じたが、一般視聴者のみならず岡田ファンからも「岡田が演じるのは酷」と呆れる声が相次いだ。 山崎豊子さん原作の本作。1978年には故・田宮二郎、2003年には唐沢寿明がそれぞれ主役の財前五郎を演じており、今…

つづきを見る

写真もあるのに…不倫疑惑がスルーされた“闇深い芸能人”たち

不倫報道は芸能人の芸能生命を奪いかねないほどの大打撃を与えるが、一方で〝グレー〟のまま何事もなく鎮火してしまった不思議なケースもある。 2016年10月から19年の3月まで『ZIP!』(日本テレビ系)で総合司会を務めていた川島海荷。清純なイメージで売っていた彼女だが、17年10月、『FLASH』に40代のTBS局員との…

つづきを見る

『V6』岡田准一に投げ掛けられた「身長の“計算”が合わない」疑問の声

『V6』の岡田准一に対し、ネット上で「身長をごまかしているのではないか」との疑惑の声が出ている。 「ジャニーズ事務所といえば、木村拓哉の身長サバ読みがよくウワサになりますが、岡田も相当なものかもしれません」(芸能ライター) 岡田には、これまでほとんど身長疑惑が聞かれることがなかっただけに、意外な感じだ。 「木村に続く〝…

つづきを見る

「ギガが無ェ!」『ソフトバンク』CMに不快感マックス「クッソ寒い」

『白戸家』シリーズのテレビCMが話題になった『ソフトバンク』が、映画のようなクオリティーの新たな『ギガ国物語』シリーズを放映している。同シリーズは国民がスマホの通信量不足(ギガ不足)に苦しむ『ギガ国』を舞台に、国を訪れた旅人たちがギガ不足を解決していく壮大なストーリーが特徴だ。 キャストにも力が入っており、旅人役を務め…

つづきを見る

岡田准一『白い巨塔』のドイツロケが心配…現地の人は平均180センチ

何かと〝身長詐称問題〟が取り沙汰されるのがジャニーズ事務所所属のタレントたちだ。 「年中話題なのが木村拓哉の〝サバ読み〟です。公称は176センチですが、実際は170センチちょいが有力。中居正広はテレビ番組で、実際は170センチであるにもかかわらず、あえて165センチと〝逆サバ読み〟していたことをカミングアウトしましたね…

つづきを見る

「これはイジメ?」岡田准一主演『白い巨塔』脇役発表で疑惑が…

『V6』岡田准一主演で放送されることが明かされていたスペシャルドラマ『白い巨塔』(テレビ朝日系)の詳細が公開され、出演する全俳優陣が明らかになった。 同ドラマは、2013年に亡くなった故・山崎豊子氏の小説を実写化したもの。1966年に映画化して以降、田宮二郎、佐藤慶、村上弘明、唐沢寿明といった名だたる名優たちが主人公の…

つづきを見る

二宮和也が危ない!『日本アカデミー賞』で“あの公開処刑”が再び…

1月15日に『第42回日本アカデミー賞』15部門と、新人俳優賞の受賞者・作品が日本アカデミー賞協会から発表された。それぞれの最優秀賞は3月1日に都内で行われる授賞式で決定するが、今年も“大惨事”が起こってしまうと話題になっている。 今回の「優秀主演男優賞」は、岡田准一(『散り椿』)、舘ひろし(『終わった人』)、濱津隆之…

つづきを見る