岡田准一

二宮和也が危ない!『日本アカデミー賞』で“あの公開処刑”が再び…

1月15日に『第42回日本アカデミー賞』15部門と、新人俳優賞の受賞者・作品が日本アカデミー賞協会から発表された。それぞれの最優秀賞は3月1日に都内で行われる授賞式で決定するが、今年も“大惨事”が起こってしまうと話題になっている。 今回の「優秀主演男優賞」は、岡田准一(『散り椿』)、舘ひろし(『終わった人』)、濱津隆之…

つづきを見る

日本版『24』ジャック・バウアー役として期待される2人の大物俳優

米ドラマ『24 TWENTY FOUR』の日本版リメークドラマ『24 Japan』が、2020年にテレビ朝日系で放送されることが発表され、大きな注目を集めている。 『24 TWENTY FOUR』は、アメリカの架空連邦機関CTUの捜査官ジャック・バウアーとテロリストとの戦いを描くサスペンス・アクションドラマで、01年に…

つづきを見る

“ゲスの極み”を岡田准一、黒木華、妻夫木聡らが演じる異色ホラー『来る』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『来る』 配給/東宝 12月7日よりTOHOシネマズ新宿ほかで全国公開 監督/中島哲也 出演/岡田准一、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡ほか 先ごろ外国人との結婚を発表した女優・中谷美紀の代表作『嫌われ松子の一生』(06年)や、松たか子主演のヒット作『告白』(10年)などで知られる鬼才…

つづきを見る

名作崩壊!岡田准一『白い巨塔』原作者の意向を否定するジャニーズの狙い

来年放送されるテレビ朝日開局60周年記念スペシャルドラマ『白い巨塔』に、ジャニーズ『V6』の岡田准一が主演することが分かった。しかし、原作出版元の新潮社は岡田の起用が本意ではない、との説が囁かれている。 医学界の人間関係を描いた同作は、2013年に亡くなった故・山崎豊子氏の小説が原作。1966年の映画化以降、これまで幾…

つづきを見る

岡田准一『白い巨塔』が心配…「あの身長」で総回診は可能なのか

『V6』の岡田准一が、来年放送されるテレビ朝日開局60周年記念スペシャルドラマ『白い巨塔』に主演することが発表され、話題になっている。 岡田は主人公の外科医・財前五郎を演じるが、本人にとって医者役は初めての挑戦だけに、時代劇や刑事役で活躍する姿とはまた違った一面が見られるのではないかと、ファンからも期待の声が上がってい…

つづきを見る

岡田准一の主演映画『散り椿』が大コケ!結婚でファンが大量離脱?

9月28日、『V6』岡田准一の主演映画『散り椿』が全国342スクリーンで公開された。岡田の結婚後初となる作品に多くの注目が集まっていたが、出だしでつまずいて“大爆死”を遂げそうな状態になっている。 江戸時代が舞台の同映画は、直木賞作家・葉室麟氏の同名小説を実写化したもの。岡田が演じるのはかつて一刀流道場四天王の1人と謳…

つづきを見る

松坂桃李が「ジャニーズ」の“あの人”との再共演を熱望?

松坂桃李が映画『居眠り磐音(いわね)』で、時代劇初主演を飾ることが分かった。この作品を皮切りに、松坂が時代劇俳優としてシフトしていくと言われている。 同作は、シリーズ累計発行部数2000万部突破のエンターテインメント時代小説シリーズ『居眠り磐音』が原作。昼間はうなぎ屋で働き、夜は悪を倒す用心棒として働く浪人・坂崎磐音を…

つづきを見る

指原莉乃が『岡田准一と西島秀俊のメール絵文字』を嘲笑して炎上

9月12日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に『HKT48』の指原莉乃が出演。世のおじさんたちに苦言を呈し、「若者の代表面するな」「逆セクハラだろ」と批判が続出している。 この日はゲストとして、『V6』岡田准一、俳優の西島秀俊らが出演。番組中に岡田と西島のメールのやり取りが紹介されると、指原は「男の人のメー…

つづきを見る

岡田准一「独特な殺し屋」役で映画主演も原作ファンから不安の声

『週刊ヤングマガジン』で連載中の南勝久氏の漫画『ザ・ファブル』が、2019年公開の予定で実写映画化される。伝説の殺し屋である主人公“ファブル”に『V6』の岡田准一が起用され、自身初の殺し屋役に挑む。 単行本が累計200万部を突破し、2017年に講談社漫画賞を受賞したこの作品は、裏社会で“ファブル”と呼ばれる伝説の殺し屋…

つづきを見る

V6・岡田准一主演ホラー映画が「露骨賞狙い」キャスティング

昨年12月に女優の宮崎あおいと結婚した『V6』の岡田准一が、2019年公開予定の映画『来る』に主演し、ホラー作品に初挑戦する。同作は妻夫木聡や黒木華など、日本アカデミー賞各賞受賞経験者が集う豪華なキャストも話題だ。 「露骨過ぎるほど映画の賞を狙った作品で、出演者は日本アカデミー賞の受賞経験者ばかりです。岡田自身は『永遠…

つづきを見る