社会

ビジネスマン

「怪しいコンサルタント」ショーンKの経歴詐称騒動が残した教訓

数々の経歴詐称が報じられ、活動休止に追い込まれた“ショーンK”ことショーン・マクアードル川上氏。 日ごろは、スキャンダルにまみれた政治家に対して、「任命責任」だの「身体検査は?」と舌鋒鋭く追及するテレビ朝日やフジテレビも、“国際経営コンサルタント”の川上氏の素性に対しては知らぬ存ぜぬだった。

つづきを見る

禁止されたスマホ「実質ゼロ円」販売が1カ月で復活した背景にある規制の抜け穴

政府が物の価格に文句を付けるとロクなことない。 2015年10月に、安倍晋三首相の指示で、総務省の有識者会議が発足し、携帯電話料金の値下げをテーマに集中討議が行われた。 メスが入ったのは携帯各社の料金プランではなく、実質ゼロ円や高額キャッシュバックなど、携帯会社を乗り換え続けるユーザーばかりが優遇される販売手法について…

つづきを見る

加藤綾子アナが自民党から今夏参院選に出馬する案が急浮上!

驚きの情報だ。まもなくフリーアナウンサーとなるフジテレビの“カトパン”こと加藤綾子アナ(30)に政治家転身の可能性が出てきたという。 「自民党が擁立を狙い、すでに接触を持っています。加藤アナが決心すれば衆参、どちらでも公認になるでしょう。それほど期待は高い」(全国紙記者)

つづきを見る

電力自由化の意義は「安さ」だけではない

今年4月から電力自由化がスタートする。 正確に言えば電力の“小売り”自由化で、これまで一般家庭向けの電気は各地域の電力会社(東京電力、関西電力など)だけが販売しており、どの会社から買うか選ぶことができなかった。それが、料金メニューやプランを見て、好きな会社から買うことができるようになる。

つづきを見る

子供の叱り方が分からない親のための「怒り方教室」

先ごろ、バイオリニストの高嶋ちさ子(47)が、子育てコラムに書いた“ゲーム機バキバキ事件”(東京新聞掲載)が話題になった。 9歳の長男と6歳の次男が携帯型ゲーム機で遊ぶ際に、家庭内で定めたルールを守らなかったため、激怒してゲーム機を破壊したという話だ。 これに対しネット上では、「虐待」「やりすぎ」といった批判の声が殺到…

つづきを見る

保育士イメージ

子供の保育園を探す「保活」で急増する保育園不倫

我が子の保育園入園に失敗したお母さんがアップした「保育園落ちた 日本死ね!」というタイトルのブログが先日、大きな話題となった。 そのため、安倍晋三首相が衆院予算委員会でこの問題について野党議員から質問を受けたほか、インターネット上にも多数の賛否両論の書き込みが寄せられた。

つづきを見る

宇都宮と浜松が争う「ギョーザ購入額」戦争のデータには穴があった

毎年、総務省の家計調査(年報)が発表になると、宇都宮市(栃木県)と浜松市(静岡県)の、どちらがギョーザの購入額が多く、ギョーザ日本一の街なのかが話題になる。 今年の1月に公表された、昨年1年間の調査結果を見てみると、1世帯当たりのギョーザ購入額は、浜松市が4646円で1位を獲得し、3981円の宇都宮市は2位になった。

つづきを見る