WBC

「野球王国」の威信をかけて侍ジャパンに挑んだキューバ

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、野球日本代表『侍ジャパン』は2戦目をキューバと戦い、8対5で勝利を収めた。この試合に敗れたキューバは、決勝ラウンドへ進出する可能性が極めて低くなった。 八回裏に山田哲人が2点本塁打が打った瞬間、キューバ全選手の表情が変わった。完全に士気を喪失した。キ…

つづきを見る

侍ジャパンを勝利に導いた山田哲人と内川聖一の起用法

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、野球日本代表『侍ジャパン』は2戦目をキューバと戦い、8対5で勝利を収めた。侍ジャパンは今大会5連勝で、ベスト4の出揃う決勝ラウンドへの進出に王手を掛けた。 キューバとは1次ラウンドでも対戦し、侍ジャパンは終始リードをする展開で11対6というスコアで勝…

つづきを見る

WBCを回避した大谷翔平が万全に向けて順調な調整中

野球の2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、日本代表『侍ジャパン』が決勝ラウンド進出に向けて、好調を続けている。大会直前に大谷翔平が欠場を決めたときは暗雲が立ち込めたが、そんな心配はどこ吹く風だ。 その大谷は、2次ラウンド初戦のオランダ戦が行われていた12日に、イースタン教育リーグ(二軍)の千葉ロッテ…

つづきを見る

WBC4連勝の侍ジャパンを阻む「超意外な伏兵」

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で1次ラウンドを1位で通過した野球日本代表『侍ジャパン』は、2次ラウンド初戦のオランダ戦も勝利した。4時間46分の接戦で“根負け”しなかったのは大きいだろう。2週間ほど前は壮行試合と練習試合で負け越し、“史上最弱”とも揶揄されていたが、このオランダ戦の勝利後には、アメ…

つづきを見る

WBC今大会最高の熱戦を制した侍ジャパンの勝因とは

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドが始まり、プールBからプールEへ勝ち進んだ野球日本代表『侍ジャパン』は、3月12日にオランダと対戦し、6対8で勝利を収めた。 試合は十一回までの延長戦になり、午後7時8分に始まった試合は4時間46分にも及んだ。試合が終わったのは日付が変わる寸前だった。 …

つづきを見る

WBC山田哲人幻の本塁打後の対応に女子アナが惚れた

野球の日本代表『侍ジャパン』が、3月8日に東京ドームで行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドB組の試合でオーストラリアと対戦。初戦に続いて投打がかみ合い4対1で快勝。2連勝を飾った。 世界一奪還に向け好発進となったが、このWBCは各局女子アナにとって品定めの場でもある。WBCでの活躍は選手とし…

つづきを見る

球数制限のあるWBCで好投している投手を交代させる勇気

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦のオーストラリア対日本の試合。1対1の同点で迎えた五回裏、日本代表『侍ジャパン』の投手コーチを務める“名伯楽”の権藤博コーチは、先発投手の菅野智之に続投を指示した。4回を投げ終わった時点で、菅野の投球数は48。WBCでは各ラウンドごとに最大投球数が定…

つづきを見る

WBC豪戦殊勲打の中田翔「繊細さ」を見抜いた小久保監督の起用

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦で、日本代表『侍ジャパン』はオーストラリアと対戦し、勝利を収めた。 1対1で迎えた七回表の日本の攻撃で、勝ち越し本塁打を放ったのが、北海道日本ハムファイターズの四番打者の中田翔だった。 前回大会には23歳で参加し、当時の野手最年少だった。しかし、今回…

つづきを見る

侍ジャパンWBC2戦目も勝利!打線は好調も…

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンド第2戦で、日本代表『侍ジャパン』はオーストラリアと対戦し、4対1で勝利した。これで侍ジャパンは1次ラウンドで2連勝になり、2次ラウンド進出の可能性はかなり濃厚となった。 オーストラリア戦のために侍ジャパンの主力選手たちがグラウンドに現れたのは、午後4時50…

つづきを見る

WBCで日本が初戦勝利も投手陣が抱える「不安材料」

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次ラウンドが始まり、日本は初戦でキューバと対戦し、11対6で勝利を収めた。試合結果は大差での勝利だが、課題も見つかっている。MLBから派遣された審判団との“相性”である。 「日本の審判ならストライクとコールするような内角の投球を、ボールと判定される場面が目立ちました…

つづきを見る