最新記事一覧

菊川怜が「参院選不出馬」を決めた・どうしても譲れなかったプライド

タレントの菊川怜(37)が2016年の参院選出馬を断念した。どうやら、週刊誌報道が一つの原因になったと見られている。 「16年の夏に行われる参院選に、菊川が自民党から出馬すると一部マスコミが報じたのが発端です。昔はタレント議員は特別視されて、もてはやされましたが、いまやそんな言葉は死語。でも、自民党の公認なら当選するだ…

つづきを見る

元女子アナ高島彩の演技に絶賛の嵐

人気を博したドラマ『下町ロケット』(TBS系)に“女優”として出演した、フリーアナの高島彩(36)の評判がすこぶるいい。 「彼女が演じたのは元新聞記者で、医療事件を専門とするフリージャーナリストの咲間倫子。ノンフィクション作家としても注目を集め、著作で医療機関の闇を次々と切り裂く“キレ者”という設定でしたが、セリフまわ…

つづきを見る

初日の出にトラブル続出? 10年で5倍に増えた暴走集団「旧車會」とは

『旧車會』という暴走集団の数が、この10年で5倍に増えているという。 旧車會というのは、基本的には暴走集団だが、暴走族とは違う。大人バージョンの走り屋だ。 暴走族は少年主体で無免許が当たり前だが、旧車會は免許を所有しているのが大きな違い。そして、「旧車」と呼ぶように1980年代に発売された古いバイクを改造して乗り回すの…

つづきを見る

申年に起きた政変、天変地異、大災害…そして、近代五輪もスタートした!

まもなく申年とオリンピックイヤーの2016年を迎える。加えて東日本大震災から5周年。政変や天災が多いとされる申年はどういう1年なのか。 まずは政治。『壬申の乱』(672年)という歴史的事件が起きたように、申年は政治の世界も大荒れだ。 「サル社会でのボスザル争いと連動しているのかは分かりませんが、申年に政変が多いのは事実…

つづきを見る

小林麻央「NEWS ZERO」復帰説で浮上した桐谷美玲降板

2015年12月15日発売の女性週刊誌『女性自身』が、元キャスターの小林麻央(33)が来年からキャスターに復帰する可能性があることを報じた。 「以前、出演していたニュース番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)から、現場復帰の要請が来ているといいます。夫の海老蔵も、彼女の復帰を前向きに応援しているそうです」(芸能記者…

つづきを見る

SONY DSC

プロ野球くじ頓挫で「大リーグtoto」誕生か?

「“プロ野球くじ”の売り上げを、東京五輪のメーンスタジアムとなる国立競技場の建設資金に充てるはずでした。事実関係がまだ不透明なので、いまから国会で審議したところで国民の理解は得られないでしょう」(国会議員秘書) 日本スポーツ界で2015年最大の誤算が、プロ野球くじの頓挫だ。 超党派のスポーツ議員連盟が検討を進め、実施は…

つづきを見る

松潤&井上真央が年明け早々に結婚発表も

いまテレビ関係者を狂喜乱舞させているのが、2005年に放送されたドラマ『花より男子』(TBS系)の共演以来、秘密愛を継続させてきた『嵐』松本潤(32)と女優の井上真央(28)の二人。早ければ1月にも婚約が発表されると評判になっているビッグカップルなのだ。 「芸能界では知らない者はいない公認カップルです。あとは互いの事務…

つづきを見る

舛添都知事を脅かす猪瀬直樹氏大阪府・市特別顧問就任

突然の一報だった。松井一郎大阪府知事が、猪瀬直樹前東京都知事に大阪府市特別顧問への就任を要請したことで、舛添要一都知事周辺が騒々しくなってきた。 「最初は『次の都知事選の布石か?』という、うがった見方も飛び出したほどでした。しかし、猪瀬氏は公民権停止中の身で、次の2018年の都知事選出場は不可能です。それでも、舛添知事…

つづきを見る

TBS報道番組「NEWS23」ドタバタ舞台裏 岸井成格降板、膳場貴子続投へ

TBSの看板報道番組『NEWS23』が、放送開始から26年目にして存続の危機を迎えている。 メーンキャスターの膳場貴子(40)とニュース解説を担当する毎日新聞特別編集委員の岸井成格氏(71)の二人に降板情報が飛び交った。この異常事態に慌てているのがTBSだ。 そもそも、来年4月に『NEWS23』を大幅リニューアルするの…

つづきを見る

テレビ朝日・竹内由恵アナが破局で「クリぼっち」でも超ご機嫌な女心とは

テレビ朝日の看板女子アナである竹内由恵アナウンサー(29)が“クリぼっち”で過ごしたという。これはクリスマスが一人ぼっちだったという意味。 局を代表するモテモテアナの竹内アナが、さびしく年末の一大イベントを終わらせたというのはにわか信じがたいが、以前の彼氏はどうなったのか。 「彼女は昨年夏場、大手広告代理店社員のA氏と…

つづきを見る